プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
05 | 2003/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHAINS

ここしばらく何も聴いていない状態。

ツェッペリンでも聴くかなぁあぁぁぁぁああああ、、、
(ナゼ故にツェッペリンか?いや、なんとなく超久久に聴きたくなってきて・笑)

なーんて思いつつ、いやいや、だったらまだ聴いていないCHAINSのCDだろうよ、ということで、聴きました、いえ、今現在も聴いとります。




スバラシイッッッッ!!!!


昨日セカンドラインで会ったゆうぞうが(おーい!ゆうぞう見てる?笑)チェインズすごいよかったMD聴いてる場合じゃないで、とツッコまれて、ああそうやったまだチェインズ聴いてへんかったー、、、と思って今日さっそく聴いてみたけれど、けれどけれど、、、スゲー!!!!!こりゃスッゲー!!!!!

なんという完成度!!!

カーーーーッッッ!!!!!!!

すごいね!すごいよ!!!

かぁぁっちょいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!



くうぅぅぅぅぅ~!!!バンバンッ←机を叩く音



スポンサーサイト

PARDISCO 8000 @ 京都メトロ

ANATAKIKOUの久しぶりのライブの日。
行きの車に乗せてもらう。

今回からサポートメンバーに、ママスタのみなぢが参加。
みなぢは2回ほどKnitのライブにも来てくれていたけれど、ワタシとはちゃんと話したことがなかったので、今回初めてお話しした。ウワサ通りイイ子ぢゃないか!(笑)。ANATAKIKOUのメンバーにもとてもかわいがられていて、イイ感じだ。今度バイクの後ろに乗せてくれることを約束してくれた。やった!一度バイクに乗ってみたかって~~~んん!!!リハ後、、ANATAKIKOUのHPのプロフィール用のみなぢ写真をメトロ内で撮る。メンバープロフィールの写真はタウラさんが撮っているから、みなぢの写真だけワタシのになる。並んでて恥ずかしくないように撮らなくちゃ!と緊張した(笑)。

本番。車で寝過ごしてしまってメトロに戻ったら、たくさんの人!
二番手、永江さんのライブはもう始まっていた。
たくさんの人が、絨毯の敷かれた会場内に埋め尽くされている。上手の関係者用の通路にも人がたくさん。それに今回は、ANATAKIKOUのライブのネット配信用の撮影も入るからこちら側からではムリだ。
下手しかないなぁ場所あるかなあとぼんやり考える。

ロボピッチャーが素晴らしくよかった。めちゃくちゃよかった。
7月の4コマでは、vo.の加藤さんがソロで出演されるから、とても楽しみ。

ANATAKIKOUは最後の5バンド目。
4番手の倉橋ヨエコさんが始める前に下手横の荷物置き場に移動。
ちょうどカウンター前に絨毯の敷かれていない通路ができてたから、そこからと、荷物置き場の下手真横からも撮れることを確認。
出番時も考えていたとおりの場所で撮った。


帰りは、京阪の終電でお先に失礼した。


dandylion/Field @ Fandango

Fieldレコ発。

福岡からふらすこ。ちゃんが来阪するはずだったけれど、持病の検査とかに時間がかかり結局は来れなかった。呑むはずやったのに残念。でもきっとまた近いうちに会えそうな気がする。


かれこれFieldを観るのはもう三回目になっていた。前二回ともまいまいの来阪に伴って観たのだけど、今回はまいまいも来ないしどーしようかなぁといったトコロだった。しかし、4ツ目の対バンにdandylionが決まり行くことにした。

dandylionは一番目。

最近の彼らの新曲たちが、ワタシはとても好きだ。
初めて彼らを観た時の、どきどき感を思い出す。
昨年久しぶりにやっとこさ彼らのライブを観て、そして撮ることができた時、以前のワタシが始めて観た時よりもなんだかガッチリと枠におさまっているような気がした。いやもちろんとてもカッコイイのには違いないんやけども。
しかしちょっとガチガチなような気がしないでもいた。
それがここのところの新しい曲たちは、イイ意味でチカラが抜けていてそのラフさ加減がとてもかっこよくて、初めて彼らを観たときのどきどき感をまたライブで感じることができる。

ライブ後にその事をそのまま伝えたら、今ちょうどいろんな曲をしたいけれどなかなかまとまらなくて、、、と言っていた。
ああでも、逆に、まとまらないからこそ適度な柔軟さがでて、それが今までガチガチなように感じていた部分が、やわらいだように感じるんじゃないかな、と思った。


トリのField。
よかった。
実によかった。

前回、前々回でもそうだったんやけど、彼らのライブは後半に進むに連れてじわじわと引込まれていく。そして後半にはがつーんっと持っていかれてしまう。今回もそんな感じ。じわじわ、ぐいぐい、どかーんと盛り上げて見事レコ発バンドの名に恥じないライブをした。
途中からちょっと撮りたくなってきて、後半トロ~ルで少しだけ撮った。
ふらすこ。ちゃんが来てたら、さぞ撮りがいのあるいいライブだったに違いない。

帰り十三大橋を渡っていたら、釣りをしていたおじさんがうなぎを釣り上げたらしくアワアワしていた。見たら丸まると太った実にウマそうなうなぎだった。
淀川で釣れるとは聞いていたけれど、ホンマやったんや。。(笑)

うなうな。。。


アーチ 越えて


いつも待ってる 橋の放射線 ゆるやかってさ 思い込んだら

水面に映る 景色が見たい 枯れ木の枝は ワタシをさした


「アーチ 越えて」 ANATAKIKOU



あれからもうずっとずっとずっとずっとずぅぅぅぅぅぅ~~~っと、
『RIVER SHELIMITS』を聴き続けている。
なかでもこの「アーチ 越えて」は恐ろしいくらいのリピート回数で聴いている。
このうたの、このトコロでいつも胸がきゅうってなる。

今彼らのbbsではこの新しい新譜について、たくさんの人たちが書き込こんでいる。
ほんと彼らは愛されているなあって思う。
愛され方が、なんだか違う。

いやワタシは惚れてるけど(笑)


ずっとずっと聴いているのはANATAKIKOUなんだけど、
きっとずっとずっと考えているのは別のコト。

ずっとずっと考えている。
ずっとずっとずっと思っている。

いや、思い返している。



気を抜くと、涙が(勝手に)出るから、その辺を気をつけて。。。
あ、哀しい涙じゃないから心配しないでね。

あ、、誰も心配してないって?(笑)


ありがとう。

久しぶりにたくさん泣いた。
ワタシが泣く時は、だいたい勝手に涙がでてくる。
いろんな事を思い出す。ひとつひとつ浮かんでは消える。
たくさんありすぎるよ。


遅い?

衣替えいたしました。

えぇえぇ、やっとこさ、ですがな。

やらなアカンやらなアカンと思いつつ、何時の間にやらもう6月。蒸し暑いっちゅうねんっ。
そんなこんなで衣替え。
やー、夏全開やな(笑)。ワタシは冬に近い秋生まれなので暑さにはめっぽう弱い。なので、いかに涼しく過ごせるか?が重要課題なのだが、そうなるとノースリーブが多いのだ。
こりゃ今から着るには微妙やな(笑)。
ちなみに寒さにもめっぽう弱く、いかに暖かく過ごせるか?が最重要課題なので(笑)コート類やセーター類ババシャツ類が多い。
やっぱり秋がすき。



なんとなく気になって野村浩司のHPを覗く。もうそろそろトップも6月用になってるんじゃ、、、

うおおおおおおっっっ!!!!
す、す、すてき、、、、、、!!!!!




どうやったらワタシの中の余計ないらない固定観念みたいなモノを捨てていけるかなぁと考えていて、じゃあ今までやりたくない避けてたことをあえてやってみるかなあとか思い出してきて、中でもこっぱずかしさナンバー1のセルフポートレイトとかやってみるかなぁ、、、なんて考えております。あ~、、恥ずかしい。。
まだわからんけど。
イヤなことは無理矢理することないけどさ、でもやる前からイヤなこと避けてたら、実は意外とそういったところにいろんなヒントがあるんじゃないかと、そう思いだしてねぇ。
だって写真学校とか行ってる人は、やりたくないとか言う前にやらなアカン状態やったりするわけでしょ。何事もやってみんとわからんしね。

んで、そんなさなか彼(野村浩司のHP)のトップの写真みて、なんかパァァ~っとアタマが晴れていく気がした。そのままリンク先から彼が好きなピンクフロイドのジャケ写とか見て、見てたらなんか、、、創って、創り込んで、写真を撮ってみたくなった、なんとなく。
それって、今までのワタシには全然興味のなかったコト。ワタシは、見える世界をワタシが見えるまま撮ってみたかったから。すぱ~んと真正面から。

でも、ワタシがアタマの中で見える世界を創って表現してみるのもおもしろいかもしれない。
なんとなくそう思った。

いや、まだ思ってるだけで実際やりだすかどうかなんて全然わからんけど、セルフポートレイト同様ね。

思えばいろんなことが刺激になっているな。
EOSたちもライブだけじゃなく使うべきかもしれない、、と思いだしたらいろいろ開けてきたよ。ね。


深夜の散歩

久しぶりに書いた手紙を出しに、外に出る。

少しの間の雨上がりの真夜中。

湿気を帯びた空気の中、のんびりと歩く。

人の動かない真夜中、木々たちは息をしているような気がする。

緑のいい匂い。

ポストに投函。

ゆっくりと来た道を戻る。

そんな午前2時。。


ぬーん

めっちゃ行きたかったわっっ



でも仕事やってんもーん。ぬーん。

今、打田さん連休してはるし。。



でも結局、夕方には雨降ったみたいやな。
店内に雨降りを知らせる曲がかかってた。

おほほほほ!
ほーれやっぱり行くのは今日じゃなかってんで!


晴れてたら、気持ちイイやろうなぁ~(思い出しうっとり)
淀川。
そういや最近行ってなかった。
ああぁ、行きたい~~ィ!!!

同様に、海にも行きたい今日この頃。
海が呼んでるょ。海に入りたい。
舞子の海って今年もまだアカンのかな?



オリンパス35DCって同い年やってんなぁ。
ひじょう~に気になる。
35EDも気になる。

ぬーん。

そういや最近、あんこぬんは「ぬんぬん」言わなくなった。


トルネード竜巻

新譜、買いました。

えぇ~~~やないのぉ~~ぅ。
これまたほんまに、えぇぇ~~~やないのぉ~~~~ぅぅぅぅぅ。


来月9日、磔磔である彼らのライブが楽しみです。
バナナホールでもあるけど、行けないナリ。その日はメトロだっ!(すまぬジャカよ)
磔磔かぁ、、、
どんなライブするんやろう?
あんまライブバンドって感じでもないんやろうけど。
でも磔磔でなら、よい空間が生まれるんじゃないだろうか。
ココで、あの歌とか聴けたら泣いちゃうカモー!
あの歌だったらいっしょに唄っちゃうゼー!
うひょー!!!楽しみや~~~!!!!!

あー、なんか胸がきゅ~んとしちゃうわねぇぇぇ
やーーーねぇぇぇぇぇぇ

いつまでたっても、チェインズが聴けないよ(苦笑)


りえぞうの小部屋 [ riezou's room 3]

やっとやっと、やぁ~~~~っと、、、、書けた。。

もうかれこれ半年くらい、この riezou's room 3 のおおかたの内容は決めていたけれど、
想いはあっても、なかなかアタマの中でまとまらず、
やっと先月書き始めたものの、これまたいっこうに筆が進まずに、止めてあった。

それが、なんとか書けた。

なんか書けるような気がして、少しずつ書き進めていったら、でけた。



やったぜりえぞう。




時々、思う。

彼らは、たまにでも、見てくれているのだろうか。


やー、、、
彼らに関しては、アップしましたよと、報告してないからなぁ。
写真とかは、スタッフさんにはもちろん報告してるけど。
でも彼らのbbsとかにも言いに行かないし。

ん~、
やっぱ見てないかもね(笑)。


in Fandango

ああまたなんか、いろいろと動き出しそうな感じ。

これもまたひとつの出逢いだ。

Fandangoでビィル3缶呑んだのは、もしかして初めて??(笑)


止まってなんていられない。

前へ前へ。


その光がさすもっと先、ずっとずっと向こうまで。

前へ、前へ。。。


野村 浩司写真展&トークショウ

に、行ってきた。
写真展、、、というよりも、彼の話しが聞きたかった。
話しの内容はなんでもよかった。
この人から、何かわからないけど、“何か”を、得たかったから。

NADARの狭い狭い空間に20人にも満たない人が集まり、
写真展に飾られた一枚いちまいの写真にまつわる話しを聞く。
彼を囲むように、しかし好きなように適当に、ちいさな椅子に座る。



その写真たちが、どう撮られて、どの機材を使って、どの場所で、、、
とかは正直なんでもよくって、
あの、HPで見たミッシェルガンエレファントの写真を撮った、
あんな風に強くかっこいい写真を撮った、『野村 浩司』この人本人が知りたくて、全身を耳にして聞いていた。
大阪出身だけあって関西弁のままで、おもしろくわかりやすく話してくれた。


全ての写真の話しが終わって、あるんじゃかなろうかと予測された質問コーナーがあった。NADARの人が「100人とか集めてるような大規模なトークショウでもないです。こんな機会はめったになにので、みなさん気楽に質問してください。」と言って、"ああ、もしかしてそんなすごい人なの?????こんなこともうないよね?直接話せることってないよね??"とアタマの中でぐるぐるよぎった。

野村浩司の名前はもちろん知っていたけれど、詳しく彼を知らなかった。もともとさほど『写真家』に興味があったわけでもないし。。ゆいいつ、やたら目に付いて気になってしかたなかったのはタウラさんの写真くらいだから。

なので、"こんなこともうないで"と、ぐるぐるアタマの中で思いつつ、気付けば手をちいさく挙げてワタシは話し始めていた。

ミッシェル~のメンバー個人写真での強くまっすぐな写真にすごく惹かれたことを告げて、つたないながらもいろいろ聞いた気がする。
その、ワタシの、なかば答えにくいような質問に、彼はいろいろと"答えて"くれた。その"答え"は、ワタシがイチバン聞きたかった"答え"だったような気がする。

"気がする"、、、とあいまいな表現なのは、ワタシのアタマをココロにはしっかり入っているものの、コトバに字に表現できないから(笑)。


今のこのキモチをどう表わしていいか、わからない。

ものすごく"撮りたい"と、強く思う。
それは、いろいろ。ライブ写真はもちろん、アー写も、景色も、人も、、、。

そして、"撮りたい"という欲求と同時に、おんなじくらい"撮られたい"と思った。
1月にヤツタニさんに撮影してもらったけれど、ワタシは彼とちゃんと向き合ってなかったような気がする。
ムラムラと沸き上がる衝動を素直にそのまま行動に移し(笑)、帰り道ヤツタニさんにデンワした。
ヤツタニさんの方でもいろいろ進展があったみたいで、聞いていておもしろかった。
ワタシもだ。
今日はワタシの中で、いろんな事がシンクロして繋がっていった。
丸裸なMDしかり、安珠の写真しかり、ヤツタニさんの話ししかり、、ん~いろいろとね。。。



ねえねえ、ヤツタニさん
脱いでもいいかな、むしろ脱ぎましょうか?くらいの勢いなんですけど、ホントはね、でもね、

このワタシが脱ぐんやから、ただエロくてただ脱いでる

てのは嫌なんですよヤツタニさん(笑)スゲー発言?(笑)

エロいだけなんておもしろくないもーん。あ、問題発言?(笑)
でも普通に脱いでるのも、おもしろくない。。。

おっとまたもや超・私信。でもきっとヤツタニさんはココ見てくれているであろう(笑)。見てなかったら、あんこぬん、ヤツタニさんに伝えて(笑)


こんなに"撮られたい"と思ったのは初めてかもしれない。
だからって誰でもいいわけでもないんやけど(我侭・笑)

そしてワタシ自身、"撮りたい"と、強く強く、思っている。

ワタシの中のたくさんの要らないモノ。
たくさん捨てたい、たくさん捨てよう。
どう捨てていけばいいのかなんてわからないけれど、わからなくていいかな、と。
そうワタシが気付いて、そう動けば、きっと捨てていけるはず。


嫉妬と敬愛

ここ最近、ずっと同じMDを聴いている。
ずっとだ。
昨日チェインズのアルバムを購入したにもかかわらず、まだ聴いていない。
このMDを聴くのがやめられないからだ。

突然、BLANK DISCとしてその中身が認識されなくなったMD。
それはその場に居あわせたどの人間のMDプレイヤーにも、そのMDの持ち主のプレイヤーにさえも、認識されなくなってしまったMD。
あ~、このMDもう無理やろう。。と誰からもあきらめられたMD。

そのMDを、ワタシが自分の元に連れ帰った。
万に一つの可能性でも、もしかしたら聴けるかもしれない、そう思ったから。

コンポにあるMDプレイヤーは、やはりBLANK DISCとして全く認識されなかった。

やっぱ無理かぁ~、、、なかばあきらめつつMDウォークマンに入れてみる。

聴けた。。。。


どのプレイヤーもすぐにBLANK DISCと表示するのに対して、このワタシのMDウォークマンは、なんとか読み取ろうとしつつエラー表示が出る。もしかしたらいけるかも、、と思い、何度か出し入れしてみたら聴けたのだ!




これの持ち主本人は、これを聴かれることをすごく恥ずかしがっていたけれど、とても素敵な中身だった。


音楽を創る人を、ワタシはとてもうらやましく思い、そして嫉妬する。
音楽は素晴らしい、それを生み出すことが出来る人。
音を生み出し、音を奏でて、音にコトバをのせる。


本当にうらやましい。
ワタシにはそれができない。
だからこそ、ライブ写真なんてやってるのかも、しれない。



偶然か必然か、今ワタシの元にあるMD。
本当に飽きずに何度も何度も聴いている。何度も。。。
丸裸なMD。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。