プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
05 | 2004/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏前の日@Fandango

MGのレコ発であり、瀧井さんの誕生日でもあり、
2月以来のひっさびさのジャカランタンのライブでもあり、
非常~に非常~に楽しみにいていた一日。

実際、非常~~~~~~~に楽しかった(笑)。

噂には聞いていたミヤくんの酔っ払い全開を始めてみた(笑)。
これで彼の弱みは握ったようなもんだ、っふっふっふ(笑)。

朝まで呑んで、案の定瀧井さんは車で寝てから起きず、京都に帰ると言っていたミヤくんも車で熟睡。
ほとほとあきれ果てたシムラさんが、「もうこのまま置いて電車で帰ろう!(このまま置いておいても)子供じゃないんだしだいじょぶでしょ!」と言い出して、阪急電車へ向かう。ワタシはチャリだったので駅で見送ってから、やっぱり気になってジャカ号に引き返した。

こんな泥酔熟睡の二人をほっといてよいのかしら、、、と心配で、どうせその日は休みだったので起きるまで付き合うことにした。
後部座席で仮眠。
一時間もすると瀧井さんも起きだしたが、やっぱり(笑)記憶にないようす。缶コーヒーを飲んで一息ついてからまだ熟睡のミヤくんを乗せたまんま車を動かして帰っていった。ミヤくん京都に帰るって言ってたのに、、、(笑)


スポンサーサイト

JAM POT開店!!!

遂に、あんこぬんの「JAM POT」が開店した。

本当は、開店時間12時ちょうどに行って「おめでとう!」と言いたかったんだけれど、どうしても仕事が遅番になってしまい、閉店時間ぎりぎりで飛び込む。閉店時間間際といっっても初日とあってかお客さんはたくさんで、用意してあったスリッパが足らずに販売用のスリッパを出していた(JAM POTは靴を脱いであがります)。開店前にも何度も様子を観にきていたけれど、こうしてちゃんと開店みて見るのとまた違った雰囲気。どれを買おうか散々んぱら悩んで、かわいい茶色のやかん、、ポット?を購入。ちょうどやかんがなくて、これからの季節お茶を煮出すのに、お鍋でしていたからちょうどよかった。サイズもぴったし、なにより、やかんっぽくなくてかわいい!

「JAM POT」は、ずっとずっと彼女のイチバンの夢だった雑貨やさんだ。

その経緯をずっと見てきたワタシにとっても、ものすごく感慨深いものがある。看板の灯りが灯ってお客さんが居て、あんこぬんが居てるのを見た瞬間、なんだかじぃぃぃぃんんとしてしまった。

やっぱり夢って叶うんだ。

ちゃんと叶うもんなんだね。

でもじっとしてたって何も始まらないし、何も叶わない。

いつ叶うかなんて誰にもわからないけれど、

でもきっと絶対、叶うものなんだと、

改めてそう思った。


よっしゃっっっ(←気合)

Carnation@バナナホール

バナナホール前で、中上くんと待ち合わせ。
ぼんやり、でもドキドキしながら待ってたら、タウラさんもチャリで登場!どうやら雑誌の仕事で撮るらしい!タウラさんもCarnationは大好きなので、嬉しそうだ。
そんなこんなで、中上くんと合流。一緒に会場に入る。で、忘れないうちに、4月に撮影した『音楽感謝』の写真をやっとこさ、お渡しした。パラパラっと見ただけでも、すごく喜んでくれてる。ヨカッタ。。一安心。
デキスギくんも当然来てる。ワタシが居ないもんだから、忘れてるんじゃなかと思って、さっき電話までしてきてくれた(笑)。忘れるもんかい、でもチケット買えなくてあやうく来れない寸前やったけどね(笑)。

あ~~~~もうドッキドキ。
そして、アッッという間の2時間やった。

20周年ということで、昔の曲も盛りだくさん!
ワタシがイチバン好きな曲は聴けなかったけれど、イチバン好きなアルバムからの曲は一曲聴けてものすごく幸せ(うっとり。。)。

で、ライブ終了後、もっとドキドキなことが。。。

4月に中上くん主催の『音楽感謝』のイベントで撮った写真を、メンバーにも見てもらうというのだから!

二階の楽屋前に行って、他のお客さんがひくのを、中上くんとしばらく待った。その間に、写真をゆっくり見る中上くん。一枚いちまい、めくるたびにとにかく喜んでくれてて、ホントにほんとに安堵した。主催者で、依頼者の彼がこんだけ喜んでくれたのなら、何もいうことはない。

お客さんがひいたところで、楽屋に入る。
中上くんと直枝さんが楽しそうにコトバを交わしている。この前も思ったけれど、中上くんはメンバーにほんっとに、かわいがられてるなぁ。。
そうこうしてるうちに、中上くんが写真を見せた。

内心、
どっひゃ~~~~~~~~~~!!!!
となりながら、緊張のあまり貧血を起こしそうだった。

でもワタシの心配とはうらはらに、みなさんとても写真を気に入ってくれた。
焼き増しもして欲しいとまで言われて、意外なほどの反応にちょっと驚き。でも気に入ってもらえて嬉しい。っほ~。

で、なぜか中上くんと一緒に打ち上げの席にまでいくことになる。。

このありえない状況に、軽くめまいをおこしつつ、しっかり焼酎は呑んで、楽しく過ごした。

午前2時すぎお開き。

ほろ酔いで帰宅。。


あ~~、、、夢のような一日やった・・・。





打ち上げ会場に行く前に、バナナホールを出たことろで、ワタシの苗字を呼ばれた。"りえぞう"ではなく、苗字を。よくよくみたら、小学校中学校の同級生!!!どひゃ~~~!!!!びっくりー!!!
彼女は今、エイベックスに勤めてるらしく、前回のCarnationのライブでもワタシを見かけて気になってたらしい(笑)。
いやはや、ほんと驚いた(笑)。
こんなことってあるのね(笑)。


帰宅後、タコとオクラとブロッコリ~のオイルベースパスタを作る。
フッコ。の珈琲がウマイ。
その後、4月に撮影したイベント、『音楽感謝』の写真整理。

ちょこっと久しぶりにあの曲を聴く。
なんでこんなにこの曲は染みるんだろう。
沁みる?
ココロの隅々にまでしみていく感じがする。
くすぐったいけど、心地イイ。


aeronauts@セカンドライン

久々に撮影はなし観るだけで。
その合間に、バイバイレコーズの写真を某氏に渡す。
初めて、経費差し引いた上での、ギャラなるものを戴く。感動。

そう。
いろんな依頼は頂いて撮ってきてるけど、経費すらちゃんと出ることはめずらしい。ワタシはプロじゃないし、まだまだ勉強途中やし、それはそれで仕方ないと思ってる。勉強させてもらって撮らせてもらってるっていつも思ってるから。でもギャラもでないからって手も気も抜いてないよ。ホントに。
こんなワタシに依頼してくれて、ありがたいと思っています。

でも、今回は、キチンと依頼してくれて、仕事相手としてワタシと接してくれました。
未熟モノなワタシながらも、それはそれですごく嬉しかったです。


たいふーん6号上陸

15時、もしくは16時閉店を非常~~~にココロ待ちに楽しみにするも、ちょーど真昼間に関西地方通過だったので、普通に営業。

夕方には雨も風も普通になった。

ちぇーっつまんねえ(笑)

デキスギくんに教えてもらったスーパーに、メールで訊き持って行く。途中でデキスギくん合流。向かいのスーパーと共に二人でハシゴ。こりゃ今まで行ってたスーパーよりも断然安い!!!
デキスギくんありがとー!
帰宅後、雨。。。
でもどうしても商店街まで行かねばならなかったので、傘さしてテクテク歩く。
たまには歩くのもいいね。

6/14(Mon) ~ 6/18(Fri)

ANATAKIKOU東京、名古屋ツアー同伴

14日深夜に大阪を車で出発。メンバー含めて総勢7人。
15日の早朝に東京に着いて、荻窪にある湯~とぴあでお昼すぎまで休憩、仮眠。夜は渋谷O-Westでライブ。
16日は、メンバーはスタジオでリハ。ワタシとみなぢで東京ドーム敷地内にあるムーミンカフェへ。当然のことながらワタシの強い要望からである。これで、日本に二店舗しかないムーミンカフェに、ワタシはどちらとも行ったことになる。福岡店とはまた違った、しかしやっぱり焼きたての食べ放題のパンをありえないくらい食べる。ウマイ、ウマすぎる。。夕方近くになって今夜のライブを行なう下北沢mona recordsに向かう。ハイドンとの2マン。楽しみすぎて気が狂いそうだ。リハーサルですでにうっっっっとりと聴きいって涙だでそうになる。素晴らしいハイドン。リハ終了後、メンバー共々腹ごしらえに下北をさ迷うが、どこも満員。開演も押し迫っている中、沖縄料理屋に入る。。。。。。が、すぐ出てくるだろうと予測した沖縄そばが一向に出てこず・・・・。5分前、モーレツダッシュのあえりないスピードで食べ終え、会場に走るワタシ。以外に落ち着いてるのはメンバーだったが、ワタシはカメラの用意をせねばならない!!!なんとか戻って準備も終え、柱の隙間に潜り込むことが出来て、一安心もつかの間、ANATAKIKOU→ハイドンでライブは進む。ANATAKIKOUはハイドンのレコ発祝いの為に、即興で曲も披露。大いに沸く。ハイドンは、レコ発ということもあって、CDの曲全部披露。ほぼ全曲歌えるワタシはもちろんこっそりながらも歌いまくりながら撮影。大好きな曲「走るスカート」にいたっては涙。。。大好きな曲「さよなら!silver star」では腰がくだけそうになる。。。そのままmona recordsで打ちあがり、深夜、名古屋へと車を走らせる。
17日朝、名古屋到着。ユキサダくんが仕事のため京都へ帰らねばならず、お別れ。そのままこれまた湯~とぴあで休憩、仮眠。みなぢとオフロで泳いで(!)、仮眠室でワタシにはめずらしく熟睡。みなぢに起こされた。今夜のライブ場所、得三へ。リハ後は、ラヂヲだか取材だったか、なんだか忘れたけど、そんなメンバーと別れて、みなぢ、マエダ氏とひつまぶしを食べる。初めて食べたが激ウマ。ウマすぎて泣きそうだ。夜のライブは、地元ヨエコちゃん効果もあってか超満員。そんな中、必死で撮る。打ち上げは、手羽先やまちゃんへ。これまた念願の手羽先を食し、ひたすらに喰う!!!先月からの福岡、東京、名古屋ツアーは、全てヨエコ嬢と一緒のものだった。それもこの地で終わりということもあって、みなさん感無量のご様子。それぞれの車で別れて高速まで向かう途中、まあきは信号で止まるたびに窓から飛び出しヨエコ車に
飛び込んでいった。さあもうここで、両者、西と東でお別れというときになって、北條くんもみなぢも誘い出してANATA車を飛び出し、楽器片手にガンガン弾きながら、ヨエコ車を囲み大熱唱。もちろんワタシも飛び出して撮りまくった。ヨエコ車大ウケ。なんちゅう夜だ。その後車に戻ったもののテンション高めのANATA号車内。BGMのANATAKIKOUの曲と共に、全員で熱唱熱唱大熱唱!なんちゅう夜だ!!!CDとおんなじヒトが歌ってるよ!!そんなテンションで帰阪。んが、旅は終わらない。家につくまでが遠足ですから。運転していたマエダ氏、とんでもないことに気づく。
ガソリンがない!!!!
ありえんんんんんんんん~~~~~~~!!!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そしてガス欠の車はゆるやかに止まった。。。
ホンマにガソリンなくなって動かなくなったのねん。。。
ありえん。。
ジャカ号でさえも、なんとかガソスタまで走ったど。。
その対応に追われるフジイくんとマエダ氏。
待つしかないワタシ達。でもまあちゃんと車を道脇に寄せられてよかったよね~なんていいながら、待つ。なんとかなるわな。そしてなんとかなった。近くのガソリンスタンドで車を動かせるだけの燃料を運んできて車を動かして、燃料補給。窓の外でマエダ氏がワタシの顔を見て「りえぞう怒ってる~」怒ってへんわい、自分がバツ悪いからってオレをネタにすんなっ だいたいこういう旅のハプニングは楽しめる方やねん!

そんなこんなで無事帰宅。

疲れた。。。。




で、一眠りしてから昼から仕事へ。。。


第2回ドラマー会開催

さあ第2回ドラマー会です!(笑)

前回は呑み会だけの参加となったワタクシですが、今回はスタジオからの参加です(笑)。

今回の参加者はというと、、、

ジャカランタン、ネオンサイン、and Young...、aeronauts、8 1/2、、、の各ドラマー(笑)、そして個人参加のウエストくん。

すばらしい晴天の中、スタジオにみっちり6時間(笑)
今回はドラムセット3台ありました。
ドラムバカ万歳!!!(笑)

その後の呑み会で、松下さん(HAPPY UNDER RIVER)合流。
店を出ても外でだらだら呑みつづけました(笑)。
深夜1時ごろくらいまで。。。

ドラムバカ最高!!!(笑)

RECは朝まで続き、不覚にも途中で寝て起きれなくなってしまったワタシ。。。

10時頃出発。
大阪でおろしてもらってそのまま仕事へ。。

ネムイ~~~~~~

一日、ふらすこ。タウラさんと雨の中カメラ屋めぐり。その後、タウラさんの事務所へ。

夜、新大阪までふらすこ。を見送り。

夜中、ジャカ号に乗って京都西院はスタジオハナマウイへ。
ジャカランタンのRECなのだった。。。

ロックの日

BYE BYE RECORDS@Fandango

ライブ撮影&アーティスト写真撮影。

いわゆるそうですね、仕事です。ハイ。

連絡が途絶えたままだったので、なくなったのかと思ったけれど、夕方連絡が入って、やっぱり撮影することに。
実はBYE BYE RECORDS はさりげなく2回観てた(笑)。

偶然なんてこんなものなのかな。。

仕事後、ミナミで呑んでいる、名古屋のバンドcrevasse65の小久保くんとよっちゃんと、ひろみちゃん池ぽん達と合流。

やっぱり呑む(笑)。

ホントはこの日名古屋に帰るハズだったのだが、酔って楽しくなったのがどうなのか(笑)、「オレは絶対に今日帰る」という小久保くんだけ先に名古屋に帰らして、宿泊先のひろみちゃん家で、再び呑み。

紫蘇焼酎ウマイ~~~~。



よっちゃんがギターをつらつらとつまびいている姿を見て、ハッとした。

そうだった。この人、ギタリストだった。。。
ボーカルだった。。。

もう、、、なんちゅうかなあ、、こうも「よっちゃんよっちゃん」と気軽に話してると、バンドマン・ギタリストとか、全然とんでしまうのだ。ワタシの中では、"OM-1の人"なのよね。。

でもギタリスト、、、なんだなあ。。
しかも、ギターボーカルやし。。。

ヒィィィィィ~~~~~!!!!!
お、おそれおおいわ~~~~~!!!!


aeronauts/サボテンブラザーズ@DICE

撮影はaeronautsのみで。

そしてとても嬉しいびっくり.....その1
瀧井さんが来てた(笑)。

で、全然そのつもりはなかったんだけど、瀧井さんに付いて打ちあげに行ってしまう。
瀧井さんは、次の日REC歌録りだとかで、めずらしく(笑)終電にあわせて帰ってしまった。ワタシはもちろん駅までお見送り。
その後、だらだらと呑む呑む。
この日はビィルのみで。
やー、、、ビィルはほんっっっとよく酔うよ。。

3時近くなってお開き。
居酒屋の出口付近で、背後から「りえぞうや。。」とつぶやかれる。
ふにゅっと振り返り、「君は誰だ」(←もちろん酔ってるオレ)と返した。
でも、ずっとなんとなく打ち上げ前から目にはついていた人だった。
向こうも酔ってはいるだろうが、微笑んでいる。

「セカンドライン、、、、、」(←この時点で"まさか。。と気づく)
「、、、12月、ネオンサインレコ発、カメラ、、、」

きゃ~~~~~!!!!!!!!!
わ~~~~~~~~~!!!!!!

と、感動の(?)再会!!!抱擁!!!(←酔ってるし、笑)


これこそが、とても嬉しいびっくり.....その2!!!

そうなのだ!

去年の12月、セカンドラインでのネオンサインのレコ発イベント撮影だった時に、対バンだった名古屋からきたcrevasse65のギターボーカルの人。その時ワタシが首からぶら下げていたトロ~ル(ヤシカエレクトロ35GS)を、とても気に入ってくれてワタシに声をかけてくれたのだ。で、自身も写真をやってると、オリンパスOM-1を持ってるんですよ、と会話は始まった。で、「わ~~何を撮ってるんですか?」というワタシが問いかけた時に、横から中断されてしまい、とにかく後で話そうとなった。しかし、向こうもライブ、ワタシはワタシでその日のイベントを撮りっぱなしで全く持って会うこともなく、やっとお互い顔をあわした時には、イベント終了後、ワタシが帰ろうとチャリンコに荷物を置いてる時だった。そうあの時は、ANATAKIKOUがライブをしていたFandangoに顔をだそうと急いでいたワタシだった。全然話せませんでしたね、ホントにね、と笑いあって、またきっとどこかで会えるでしょうと、別れた相手だった。
ワタシのHPのアドレスは渡しておいてんだけど、ホントに見てくれたかどうかわからなかったし、3月にセカンドラインに来てた時も観には行けなかった。
別れた直後は、なんとなく漠然と、"きっとまた会える"と根拠もなく思っていたんだけど、時が経つにつれて、"ああそんなこともあったなあ。もう会えないのかなあ"といった感じになっていた。

その本人がいきなり目の前にいて、とんでもなくビックリして、そしてとんでもなく嬉しかった。
12月でも対バンだったaeronaoutsを観にきたらしいけど、まさかcrevasse65のライブでも名古屋でもないのに、会えるなて思わないよね(笑)。
向こうもちゃんと覚えていてくれていて、打ち上げの席でも、「りえぞう居る」と思ってたらしい。だったら声かけてよって(笑)
顔見ただけではすぐに思い出せなかったんやけど、でもなんとなく見たことあるなぁ誰やっけなぁぁととにかく気になってたいた人だった(笑)。でも12月のことは全然忘れてたわけではなくって、そのカメラの話しした人と結びつかなかったってだけ。

ねー。
わかんないわよねー。

あの時、ホンマ根拠もなく「絶対また会える!!!」と思ってたけど、ホンマにこうしてばったり会えるなんてねえ。

わっかんないもんだなぁ~。


 
ANATAKIKOU@京都ミューズホール

みつよにゃん、ナミちゃん、ちなみちゃん
久しぶりのメンバーで呑み会。
最近じゃワタシがなかなか加わることができなかったんだけど、ホントに久しぶりに一緒できた。
ナミちゃんの地元、今里まで。

帰りは、コウタロウさんが車で迎えにきてくれて、みつよにゃんと一緒に帰った。

急遽、仕事後スピカレコードでジュンコリンと落ち合うことになる。
スピカ横のカフェで、いつもさんざんぱらジュンコリンの日記で気になっていたご飯を頂く。大きなお皿に、たくさんのおかずが少しづつ入っていてとてもおいしい。食べ持ってジュンコリンと、あんな話しこんな話し。。。最近こうしてジュンコリンと仲良くさせてもらっていてすごく嬉しい。
そして、超常連さん(、、、というよりすでに裏従業員、笑)のジュンコリンのおかげかどうか、泡盛一杯と、デザートをオマケに頂く。
もちろん泡盛で、よい感じにほどよく酔うオレ(笑)。

と、22時頃にワタシだけお店を先に失礼した。
そうこれからANATAKIKOUの練習スタジオに向かわねばならない。22時半には終わると聞いていたので、余裕をもって出た。

・・・・・・が、

その練習スタジオには、何度か行ったことはある。
でもスピカレコードが入ってるフェスティバルゲートから、そのスタジオに向かうのは初めてで、家で地図を見て地理関係は把握しているつもりだった。。。。だったのだが、、、、、、、、、

道に迷った。。。。。。。。。。

ちょっとやそっと、道に迷ったくらいじゃどってことないんだけれど、なんだか工場地帯に入り込んでしまったのだ。
22時すぎ。
誰も歩いてなんかいない。
街灯もほとんどなく、真っっっ暗。
ものすごく心細くなる。
しかし、誰かに電話しようとも、自分の位置さえもわからない。

わーんこんなんじゃもう22時半に間に合わないよーぅ。。。

と、フジイくんに電話して、道に迷ってしまい行けそうにないことを告げる。

そんなこんなで、半泣きに(、、、いやほとんど泣いてた、笑)なりながらチャリンコとばすこと30分。
どうやって切り抜けたのかわからないが、なんとか知ってる道にでた!
ああもう23時だし、みんな居ないだろうけど、とりあえずスタジオに行くだけ行こう。スタジオにタッチして帰ろう。。。と、とぼとぼとチャリを走らせた。
すると、
ナント!
道の向こうから、しゃべりもってメンバー4人がぞろぞろ歩いてきた!!!

で、なんだか今までの怖いのと、情けないのと、なんだかよくわからない安心感とでいっぱいになって、おろろ~~んと泣いてしまったのである(笑)。

ああもうそれからは、やれ更年期障害だの、やれ感情的だの、さんざんイヂられた・・・・(笑、、、っておこう)。


そうそう、なんでこの日ANATAKIKOUに会いにいったというと、4月のワンマン写真を渡すためやったんよね。
そしてワタシなりに、ちょっといつもと違う特別仕様にしてたのよ。
遅くなったけどね。


んで、帰り道を散々フジイくんに聞いたにもかかわらず、またもやヘンな道に入って若干迷った。。。アホや。。。



ハ~~~もう生きてくって大変よね(笑)。



響く

ワタシにできないことのヒトツに、
曲を創る、、、ということがある。
その辺の音楽的才能というモノに、とんと恵まれていない。
やればできないこともないのかもしれないけれど。
物語を書くとか、詩を書くとかとは、
またちょっと違う気がする。

何もない空間から、いろんな音をつむぎ出していく感覚ってどんなだろう。
不思議。

今日、すごく素敵な曲に遭遇してしまって、
ちょっと驚いた。
どうしてこんなうたが創れるんだろうと、思った。

人のココロに届くモノ。


ワタシが写真でそれができるだろうか。。。。。。。。。。。。?







そんな風にびくびくしてるのを見てるのが、辛い。とても。


だったらなんで、やめないんだろう、、、、、、、

いつも思う。


それはワタシもだ。。。。。。。。。。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。