FC2ブログ
プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

いちにち


午前中、所用で本町まで。

いいお天気だったのでチャリで。

本町や心斎橋にチャリで行く時は、西天満を通って中之島中央公会堂の横を通り、ちょうど御堂筋と堺筋の真ん中辺りの中道を通って、北浜→本町→心斎橋へのルートにしてる。
今日チャリを漕ぎながらフと気付いたんやけど、この道から堺筋辺りの北浜ってなんかNYっぽいよなあ。また行きたいなあ、NY。。

用事を済ませると11時。ちょうどランチタイムにお店が開く時間。この辺りは観光客用の梅田とは違って、ビジネスマン用の安くでおいしそうなランチを出すお店がたくさんある。無駄遣いはいけない、、と思いつつもお昼を食べていくことに決定(笑)。

少し悩んだ末、何度かTVで紹介されていて気になっていた四ツ橋にある、くだもんや YUKKO に。もともとは、くだもの屋さんだっけな?くだものをもっとたくさんのヒトにおいしく食べてもらいたいとかなんとかで、その季節の旬のくだものを販売しつつカフェを始めたお店。フルーツをたくさんつ使ったキーマカレーが大人気らしく、いつか入ってみたいなとずっと思ってた。
場所はアタマに入っていたのですぐに発見。
TVで観たよりもずっとちいさなお店。でもおしゃれで居心地のいい雰囲気。肝心のカレーは、フルーツ独特の甘味がすごくあっておいしのはおいしんだけど、後味の酸味が強すぎる気がするなあ。。もう少しカレーらしいスパイシーさが欲しいな。。でもいっしょについてたフルーツと食後の珈琲はバリうま!けっこうまったりした時間を過ごせた。


ここまで来たんやし、、と心斎橋のブックオフへ。
昔は普通の本屋さんが好きやったんやけど、ここ数年はだんぜん古本屋さんの方が好き。もともと本屋とレコード屋(CDショップというべきか、笑)と文房具屋さんには何時間でも居てしまうけれど、古本屋って更に長居してしまう。
あっちうろうろ、こっちうろうろ、、、何周もうろうろ、おんなじとこでもうろうろ、、、ああ楽しい静かにテンションあがる(笑)

ジャケ買い、、ならぬ表紙買い&タイトル買いをよくするんだけど、今回はピンとくるものナシ。
好きな作家の本も、ナシ。ちょっと残念。
でも、いろんなヒトが撮ったブ厚い写真集みたいなのを105円で購入。安い!でも重い...


その後、中之島中央公会堂を通ったあたりで、急に思い立って方向転換。すぐ近くの中之島図書館へ。
ここの図書館は1904年に建てられて空襲にも逃れられたから、中も昔のままでレトロ感が心地よい建物。


窓際に椅子を勝手に置いて座ってるおじさんが何人もいたので、真似て窓際に椅子もってきて座った。すぐ足元にはオイルヒーター。いいなあこういうの。。

がつがつと写真集を見る。


◆ 安井仲冶写真集 1903-1942
◆ 僕の目はまだ見ている   大西千春
◆ 大阪環状線 海まわり   妹尾豊考
◆ ファインダーがみた大阪   平野昌作
◆ 千里山 1964~1970   産木民彦
◆ Sinsekay 新世界   野村浩司
◆ 浪華   浪華写真倶楽部
◆ ぼくいちびり   福井栄一
◆ 浪展   浪華写真倶楽部創立100周年記念[1904-2004]
◆ SPIEGEL   2002 50
◆ Hysteric One   井上青龍
◆ Freedom of Choice   Hibiki Tokiwa
◆ 日本人ノ顔 大阪3-1、3-2、3-3
    OSAKA January~May 2002   荒木経惟


今思い出して印象的なのは、
安井仲冶写真集
僕の目はまだ見ている  大西千春
ぼくいちびり  福井栄一
SPIEGEL  2002 50
Hysteric One  井上青龍

かな。


アラーキーのこの延々ヒトの顔を撮ってるのは、初めてみたんやけど、これ、あとがきの各人それぞれの撮影エピソードとか読んで初めておもしろいと思えるものやった。でもいちいち後ろのあとがきと最初の写真と見比べるのもめんどくさい。かといって知らない人の顔のアップだけ見てても、ワタシにはおもしろくもなんともなかった。



野村浩司は、これよりもジャケ写とかでアーティストとばちっと向き合って真正面から撮ってる写真の方が好きだから。ミッシェルの写真とか衝撃やったもんなあ。。帰宅ってから思わず自分の昔の日記読み返してしまったわ(笑)。


2時間半くらいブっとおしで見つづけて、さすがに疲れてきたので帰宅。




いろいろと写真について考えたり。


いつも打ち上げにいるお酒をつぎにくるねーちゃん、、ではあかんよなあ、、なんて改めて思ったり。

しばらくライブ以外の写真を撮ってなかったんだけど(そういう気分じゃなかったから)、カメラ一ツぶら下げて撮りたくなった。前のように。

ヒトも撮りたいなあ。。ちゃんと向き合って。ワタシの場合のヒトを撮るってことは、アー写かアーティスト本人しかないんだけど(モデル撮りにまったく興味はない)。
、、とかいってこれがイチバン大の苦手なのよね(苦笑)。


たぶんワタシがいちばん壁を取っ払えてないんだろうなあ、、、、

とかそんなことも思ったり。


そうそう、写真って自分と向き合う作業の繰り返しやったわ、、なんてことを今さらまた改めてひしひしと感じたり。


いろいろと考えてしまう。



きっとワタシには言われないコトバなんだろうな、、とか思ったり。


仕方ないとはいえ、今現在の状況がなんだかやるせない。ふへー。


ザ☆新年会 @ 7日


7日

ザ☆新年会 in シム家

BYE BYE RECORDSオガサワラくんと、スクリプトニク、カッパマイナスを誘ってシム家で新年会。

ワタシが言い出しっぺ。
もともとは忘年会で企画してたんだけど、年末はシムも含めてみんな忙しいスケジュールだったので、新年会にした。まあ名称はどうでもよくて、単にワタシが打ち上げとは関係ないところでゆっくりみんなと呑みたかっただけ。2006年に出会って(BYE BYEはもっと前からやけど)イチバンよく絡ませてもらった、しかも10~12も離れた若者たちとね(笑)。


年末に声をかけたときはみんな即答&快諾してくれてたけど、日が近づいてきてほんまに来てくれるんか正直めちゃ不安やった。でも実際は一人いないだけで(ノリヒトぉ~~おねえちゃん哀しいわ、涙)、みんな集合。
よかったあ~~(笑)


23時半に最寄駅で、てっぺい、ライカくん、元ちゃんと落ち合って、事前にシムから訊いてたモノとお酒の買出し。

シムんチに移動したくらいで、さとしも合流。

シムお手製のおなじみのおいしい料理を頂きつつ、呑み開始。


日付け変わって2時頃、BYE BYEオガサワラアキラ到着。ライブ観にいって打ち上げ帰りなのですでに酔っ払い(笑)。

3時頃には仕事帰りの達郎くん到着。
駅に着いたというから迎えに行こうとしたら「りえぞうさん一人では来ないでください。来ちゃ駄目ですよ。」とえらくキッパリハッキリ言われたので、ワタシじゃあかんのかなあと、てっぺい一人で向かわせる。酔っ払ってるワタシが一人で迎えにきたら危ない(違う意味で)んかなあと思ったからてっぺい一人で行かせたんだけど、到着後、達郎が言うには「女性が夜中に一人で歩いてたら危険でしょ」と。

た、た、たつろーっっ!!!!(ビックリ!)
おねえちゃん感動するやんけーーーっっっ!!!

でもなあ大丈夫や。危険な目に遭ったことはいっぺんもない(笑)。向こうも相手みてるんやろなあ(笑)。
でもありがと。嬉しかったわ。
あー、誰とは言われへんけど、達郎の爪の垢でも煎じてブチまけてやりたいわ。飲ませるのはもったいないから(笑)


観たかった東京サックや、何度観ても身悶えするSUCK the 2004 のandYoung...や、何度観ても涙流して笑ってしまう爆笑ポイント満載の、、、(自粛)ビデオを観たり。


いつもシムんチで呑むときは、オーバーサーティーな(笑)方々ばかりなんだけど、20代前半のコ達ってこんなに騒がしくなるのね(笑)っていうくらい、なんか賑やかでドタバタしてた気がする。


朝の8時、達郎が帰り、9時近くにはライカくんと元が帰り、その後はてっぺいもオガサワラアキラもオチてしまってからは、シムとさとしと三人でまったりトーク。
ちなみにBGMはhoneydip
なかなか深い話をしたな。

10時(朝よ、朝)すぎに就寝。




やー、、みんな来てくれてほんまに嬉しかったわ。
集まったら2~3人とかやったら、激しく傷つくとこやった(笑)。
ワタシって、打ち上げはよく仕切るけど、それ以外でこんな風に自分で呑み会セッティングすることとかないからね。打ち上げってまた特別やし。。


打ち上げって、ふつうの呑み会とはまたちょっと違うやん?
そうじゃないとこで、なんでもなくゆっくり呑みたかってん、2006年に新しく出逢えた大事なヒトたちとね。
また2007年今年もどうぞよろしく。



アッッという間の楽しい呑み会やったなあ。。



ノリヒトは、新年会の2次会するから。ノリヒトが自分で言うたんやから、たぶんノリヒトしか参加せえへんと思うけど絶対参加やで(笑)