FC2ブログ
プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

SUCK THE TOKYO 2007

07-09-01_17-16.jpg





やっと、、、、



一週間前のことが、落ち着いて自分のこととして見えてきました。


そんな SUCK THE TOKYO 2007



一週間経ってやっと、



あ、楽しかったんだ。。。


と、思うようになりました。



そんくらい大変でした。
そんくらいしんどかった。


8月31日早朝出発して15時半に吉祥寺に着いて、18時半スタートで怒涛の東京サックが始まって、素晴らしく濃い素晴らしい12時間を過ごして9月1日朝6時半に終わって、そのまま西伊豆にいって、海で泳いで温泉入って、お刺身たべて日本酒呑んで焼酎呑んで、お酒の入ったコップ片手に夜中に思い出岬に行って満天の星を眺めてお腹抱えて笑って、身も心もクタクタになって帰ってきたら、もうただただしんどくて、いろんなことがしんどくてたまらなくて、ヒトとして話せないくらい誰ともしゃべりたくないくらい疲れ果ててしまってベッドに倒れ込みました。
次の日3日は休みにしてたけど、気を失ったみたいに眠り込んだはずなのに、朝、目が覚めたらハラたつくらいにまだしんどかった。。。


2~3日もすると、身体のしんどさは抜けてはきたけれど、精神的なしんどさは抜けきらず、正直"楽しかった"なんて思えなかった。マヂで。そんな数日間。



今年の東京サックは、ほんますごかったです。
去年の東京サックも、すごい!!って思ったけど、そんの比じゃないくらい今年はすごかった。

息つく間もなくとはまさにこのこと。


それぞれがそれぞれの位置や立場をしっかりと把握し、100%以上のステージがそこに、目の前に常にあった。

今回特に思ったのが、弾き語りステージ。
場所が場所だけに、サブステージだと思われがちなんだけど、違います。
ワタシは今回、弾き語りステージを観るたんびに、この"東京サック"というイベントの素晴らしさをひしひしと感じて、そのたんびにじぃぃぃんとして泣きそうになってました。弾き語りステージがあるからこその、この東京サックだと思いました。

去年、東京サックの話が本格化してきた時、別に弾き語りのスペースを作ってはどうだろう?と提案したのはワタシなんだけど、どうもお客さんはおそろか演る側も、"サブステージ"という見方が強いのが哀しかったんです。

照明が点いてるから?広いから?モニターがあるから?持ち時間が短いから?

でも、観たひとならわかるよね?
"サブ"なんかじゃなかったでしょ?

毎回弾き語りステージは一番前で観ていて、フと振り返ったらさっきまでバンドステージを観ていたたくさんのお客さんがみんなごっそり下に座り込んで弾き語りステージの演奏を真剣に聴き入ってました。あまりにもその景色が圧巻で、びっくりしました。

そしてみんな笑ったり、つっこんだり、しんみりしたり、思わず泣いちゃったり。。いや、加納さんの弾き語りでの"HAKOBUNE"で、号泣したのはワタクシですが(笑)

バンドステージよりも、演者の世界観がよりダイレクトに伝わるし、逆にバンドステージで演るよりもむつかしい場所なんです。弾き語りやってるひとが誰でも演りこなせる場所じゃない。その辺シムはちゃんとわかった上で人選していて、そして今回それが「東京サック」というイベントの中ですごく活きてました。

だから、弾き語りステージのヒト達を観る聴き入るたんびに、東京サックというイベントの、かくもばかばかしく素晴らしいイベントがあるということ、それに携われたこと、参加できたことを、しみじみと噛み締めてじぃぃーんと泣きそうになったんです。
バンドステージだけでは、ここまで思えなかったやろうな。。


大絶賛の弾き語りステージですが、バンドステージももうそれはそれはすばらしく。

いやもうほんとにね、ほんとにすごかったんですよ。ほんとに。

200%全開ガチンコライブ!!!


folk enoughイノウエくんがbbsに書いてたけど、トリのジャカランタンに向かってどんどんどんどん加速していくんよね。ハコの中でみんなが一体化していく。
オールナイトでさ、12時間もやっててさ、それってすごいなあ、、、と。

何がすごいって、瀧井さんも書いてたけどお客さん。そりゃあもう絶対お客さんがすごい。終電で帰るひとよりも、終電でやってくる人が断然多かった。去年もそうやったけど、0時前後から急に人がドーッと増えたもんね。


そしてこれが、地元大阪ではなく東京だという意味。

関西のバンドまとめて観光バスで乗り付けてわざわざ東京でやるという意味。ジャカも含めて、東京で知名度のあるバンドなんていない。それでも行く意味。やる意味。

東京のバンドは東京のバンドで、関西勢を真っ向から真剣に迎え撃つ。その心意気。


そしてその中で生まれる一体感。
お客さんも一緒になっての一体感。


その後の温泉なんて、ほんとは二の次なんです。


いや、もちろん真剣にライブも温泉も気ぃ失いそうになるくらい楽しんでますがね(笑)



早朝から観光バス借り切って乗り込んでオールナイトでイベントやって、寝ずにそのまま温泉いって呑んで楽しんで。


お馬鹿でしょ。
ジャカランタンってほんとお馬鹿でしょ。


でも、そんな彼らを、ワタシは心から、心から愛しているんです。
ほんまに。

たぶん参加してくれたみんなそう。

そうでしょ?(笑)


ジャカだからこそ出来るイベントだと思うし、ジャカだからこそみんな参加してくれてるんだと思います。






あー、、、、


ほんっっっま楽しかったなぁぁ、、、と、今、ココロからそう思います。



出演者、お客さん、なんかしらご参加されたみなさま

ほんとにほんとにお疲れさまでした!




疲れたけど、、楽しかったですな!!!(笑)









シムの、ジャカBBSへの熱い書き込み
http://www2.rocketbbs.com/620/jaka.html




瀧井さんの日記(ジャカブログより)
http://sabbath-jam.cocolog-nifty.com/



f.e.イノウエくんの爆笑&愛溢れる東京サック日記、、というかもはや小説(必読!)
http://blog.livedoor.jp/egrecord/




上の写真は、今回撮った中でイチバン好きなやつです。