プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/27 一心塾秋期講習・家庭訪問編

魁!塾シリーズの初代一心塾の塾長、谷田一心塾長が、我が家に家庭訪問に(要するにウチでの呑み会)


まず15時すぎに車でラフ・バルを連れてきてくれて近所のまあまあ大きい片山公園へ。
この公園は図書館や市民体育館・市民プールも併設されてて、小さい頃からよく遊びにきていた場所。通称たこ公園。
子供の頃からこの図書館での絵本漁りとたこの滑り台遊びと夏は市民プール、高校生の頃は早朝に散歩に来るのが好きだった。
ここに谷田くんやminamiちゃんと一緒にいるのが不思議(笑)

相変わらずテンションMAXで飛び込んでくるバル・ラフ。ただし9月初めに会ったことを覚えてくれているかどうかは謎(笑)
バル・ラフと公園内をゆっくり散歩。
少し広めの場所で思いっきり走らせたり。

IMG_2322[2]

IMG_2335[2]
バル飛んでます!ラフ見守ってます!


IMG_2330[3]
ちいさい器なのに二人一緒に水飲みます!


IMG_2332[2]

小さいバラ園もあって綺麗だった。


その後、バル・ラフをいったん家に連れてかえり、夜はウチへ。
さとし(実は5代目塾長!)と、てっぺい(補欠塾生)も合流して呑み会。いや、秋期特別講習・家庭訪問編(笑)

メインは鍋。どのタイプの鍋でも市販のスープを使ったことがなく、今回も手作り。しかしやはり適当。
でもなかなか評判がよくてほっと一安心。

あと今回初めてお刺身を自分で切って出した。天然ハマチが大きいサクでとても安かったのでチャレンジ。ネットで切り方を必死で調べたけどなんとかなった。お刺身を自分で切ったのなんて初めてだったのに、写真撮り忘れたあ~

minamiちゃんが黒豆の枝豆を持ってきてくれてその場で湯がいたんやけど、めちゃ美味しかった!!
また黒豆枝豆狩りに行きたいなあ。


minamiちゃんとさとしは1時すぎには帰ったけど、残った者は朝まで。
むつかしい話から熱い話、しょーもない話から家電の話(笑)、いろいろ話して話倒して気づけば朝。

この時期から朝日が綺麗で部屋中オレンジ色になるのを見てほしかったのに、曇っていて叶わず。残念。
美味しい珈琲淹れて、ウチでの呑み会後では恒例のたまご焼きとお味噌汁の朝ごはん食べて、お開き。


楽しかった。ほんとに。


一人暮らしの普段ぜんぜん思わないけど、こうして人がたくさんきて遊んで帰ってしまうと、フと寂しくなるんよなあ。
ただでさえ広い部屋が、人を招くとなると片付けるので余計に広く感じる。パンパンだった冷蔵庫内も少なくなってるのもなんか寂しい。

片付いてるうちにまた誰か来ないかなあ、、なんて思ってます。




IMG_2337[2]


IMG_2329[2]
左がラフ、右がバル



スポンサーサイト

日常

ワタシの日常だと思った。

まいにちの事ではないけれど、これがワタシの日常。カッパマイナスを撮りつづけるということ。その行為。感情。



それがたとえ、想いが繋がらなくても。




ワタシの日常が、ワタシの手元に戻ってきた気がした。





ワタシはカッパマイナスが、好き。
ワタシに衝動と感情を、いつも、常に与えてくれる。目覚めさせてくれる。





本日の撮影:カッパマイナス@HOKAGE

原点

ワタシ、『りえぞう』の原点。



aeronauts 彼らがいなかったら、今のワタシ、りえぞうはいなかった。


その当時は、ギャラクティカマグナムというバンド名。


当時、梅田の百貨店で働いていたワタシは、年明け、仕事帰りにより冬のバーゲンを見るために何気に寄り道をした。
そのとき、たまたま歩道橋を通った。歩道橋の上で、ストリートライブをしている彼らに遭遇した。


あの日寄り道をしなかったら。あの場所を通らなかったら。
彼らに出逢わなかったし、のちのちライブ写真をしようと、今もこうしてライブ写真をしてることはなかったかもしれない。


しかも彼らに出逢ってすぐにライブ写真を始めたわけではなかった。


いろいろあったなあ。



少なからず、彼らにほんの少しでも認めてもらうのに、どれくらいの年月がかかっただろう。





ワタシが今こうして『りえぞう』だの『りえぞうさん』だの、この界隈で呼ばれてるは、すべて彼らとの出逢いから。
ジャカランタンやKnitやANATAKIKOUやand Young...やカッパマイナスや、進藤宏希にすらも、出逢わなかったかも。


こないだ10/19 Pangeaで、1年ぶりに彼らのライブを観た。カッパマイナスと対バンで、カッパ以外は撮る予定ではなかったけれど、観てたらいろんな感情が出てきて、何よりライブもとてもよくって、数枚だけ残っていたフィルムでものすごく久しぶりに撮った。

撮りながらいろんなことがフラッシュバックした。何年かぶりに撮ってるのに、そんな気がしなかった。曲は知らないけど、呼吸やタイミング、ライブ感はわかる。なんでだかわかる。


出逢ったあの頃とまったく変わらないメンバー。バンド名も演ってる音楽も変わったけれど、ライブ感は変わってない気がする。



彼らは東京に行ってしまった。
ワタシは別のバンドを撮りつづけている。

この歳までなるとさすがに時々、どこまで続くんだろう?と正直思う。今唯一撮り続けているカッパマイナスが、もし万一、休止か解散してしまったら、ワタシはライブ写真をやめるんだろうか?とか。

でもこの日思った。

変わらないメンバーで音楽を続ける彼ら。
その彼らを撮るために、想いを形にするために表現するために始めたこと。

その彼らが音楽をバンドを続けている限り、ワタシはやっぱりやめないだろうなって。

確か最初は、彼らを自分で納得いく写真が撮れたらやめようとか、彼らがメジャーに行ったら撮れなくなるからやめようとか思ってた。


でも違うね。

今もう撮ることがなくても、ものすごくペースが遅くて撮るバンドもいなくなっても、彼らがバンドをやめない限りはワタシもやめない。そう思った。気づいた。




ほとんど知らない曲ばかりのライブ。
終わってから「今こんな感じなんです」って笑ってた。

でも、ものすごくいい意味で変わらないと思うよ。あの頃ともまったく違う音楽性だけれども、ライブ感もグルーヴも呼吸も、ワタシが初めて撮りたいと思った思わせてくれたあの頃の衝動は、何も変わっていないよ。



好きだとか大好きだとか大切だとか、どの言葉もあてはまらない気がする。

特別。

そう唯一、特別なバンド。






存在してくれてありがとう。


流星雨の音が響いている


--------------------------------------------------



20121022-2[1]





金木犀の香りの中、東の空を見上げて、眠りの森/ハナレグミ をずっと聴いてる。

泣きそうになってる。


流星群はまだ見えない。もっと町が暗くならないと無理かな。



流星雨の音が聞きたい。






フと想像してしまって、ひとりかなしくなって落ち込む。

不毛。




--------------------------------------------------


出逢ったころ 距離なんてなかった
近づくほど遠のいてゆく君を感じた


『眠りの森』

ブログ(日記)の月日はもちろん曜日や投稿時間も必要と思っている派

今気づいた。
このブログ、曜日が表示されてへんやん。

なんちゅうこった!このテンプレートにしてだいぶ経つのに、気づかないなんて!!

ブログ(日記)に、月日はもちろん投稿時間とか曜日とかちゃんと残ってないとヤなタイプ!
人のブログ(日記)も、月日・投稿時間をちゃんと見て確認するタイプ!


今日はもう寝る。
明日かあさって近々いじろう・・・。
たぶんアレをああしてこうしてぴょろっと付け加えたら表示できるんちゃうん!と、
遠い記憶のかなたを呼び覚まして考えている。




おやんみーーー


金木犀

一週間ほど前から少しづつ、フとある瞬間に香りだした金木犀。
今日からいっせいに町中が香りだした気がする。


まず職場の植え込みの金木犀。


仕事を終えて最寄駅についたら、電車が着いてドアが開いたとたんホームで金木犀の匂いがした。
ずっと。ホームも階段も改札も駅前も。


きゅうきゅう


胸がきゅうきゅうする秋本番。



---------------------------------------------


どうしてすぐに見つけられるんだろう。

そしてそうと確認できた瞬間かならずどきっとする。


そして名前を呼ばれてどきっとする。


ある意味、特別。

そうだ特別。


他の誰とも違う。特別。



たぶんきっと一生だな。こりゃ。







もし






もし
もう二度と会えなくなったら

そう思うと
体の底から震える

心の底からこわい

でも
まだ生きてる





もう


もう誰も
ワタシから奪わないでください
神様












同時進行

ワタシの悪いクセで、同時進行でいっぺんに考えようとしている、、、、

ということはすなわち、若干パニクっている。


フとそのことに気づいた。

ああ、無理なのだ。そもそもが同時進行的に考えたり片付けたり答えをだしたり、なんて器用なことができない性分なのだ。
それなのにできないのに無意識にしようとしている時点ですでにあぶない。


さあ。どれを最初に片付ける?答えをだす?決める?


いや。その前に大事なことがある。

いや。その前に明日どうするかを決めなくちゃいけない。

いや。その前にこのもやもやがうっとおしい。あ。でもこれはどうしようもない。自分でもどうしようもない。波間にゆらめく泡のように消えてなくなるのをじっと待つしかない。

いや。だから明日ー

いや。だからーー




ぁぁ!








----------------------------------------------------------

来週、そうとうヤバいということに気づいてしまった。気づかんかったらよかった。

それでもまだ判断できかねるのか?

そんなにもワタシは










そんなのわかりたくないし知りたくない







泣きそう


泣きたい






そんな
泣きたくなるような
こと
言われると
嬉しくて
どうこたえたらいいかわからないよ
ほんとは





ほんとうにささいなこと

あほやなあ
でも無理やで


わかってる
わかってる





水を使わないカレー


カレーを作りました。

こないだ水をいっさい使わずに肉じゃがを作ってそれがたいへん美味しかったので、カレーも水なしでできるんじゃないかとやってみました。


結果、、、、







大成功!!
むっっっちゃくちゃ美味しかった!!!!



でもいつもは1缶しか使わないトマト缶を、2缶使いました。肉じゃがよりも水分は必要やからね。


いつもの作り方やと、作った初日はトマト缶の酸味が強すぎるんやけど、今回は2缶も入れたのに全然酸味が強くない!絶妙な酸味でむちゃくちゃ美味しかった!!!


しかも作ってから2時間しか経ってないのに、作りたてとは思えないコクと旨味と酸味。野菜が甘い。


えらいこっちゃ
えらいこっちゃああ

えらいカレー作ってもた!


ただ、、、誰でも出来ます。こむずかしいことしてない、超簡単やから(笑)


おすすめします、無水カレー。



あー、、しかし美味しかったなあ。一日目でこんなおいしいなんて、明日はどーなんねやろ、、、、(笑)



明日の朝ごはんが楽しみです。






今回のカレーの具材→鶏肉、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、しめじ、ブロッコリー、トマト缶×2




----------------------------------------------------


12月2日に向けて、ワタシができることで動く。


いいお話をきけたり手応えがあったりして、嬉しい。



進め進め







進め進め





本日の爆笑

①10月1日黒木サトシ グリーンデイ記念日

②くいだおれ太郎






みんなでノートがどんどん埋まっていく。楽しい。頭フル回転。
でもそれだけにしたくない。カタチにするということ。

お酒を呑む行為すら忘れるほど、それに没頭するっていうのがおもしろい。


いい大人が。お酒大好きな大人たちが。

まあ呑んだらぐだぐだになって進まへんからってのもあるんやろうけど(笑)





進め進め





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。