プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

ライブと写真とSEX


いいライブってなんやろ、、、、、、?











ワタシは、内輪ノリのイベントや、内輪ノリのライブとか、大ッッッッッ嫌いだ。

ほんまにイヤ。嫌い。大嫌い。鳥肌立つくらい。 ←そこまでいうか(苦笑)



ワタシはさ、メジャーだろがインディーズだろうか関係ないって思ってる。

お金(チケット代)とってライブを演る以上、プロでしょ。
メジャーレーベルから出してるとかでっかい事務所に所属してるとか、自主制作で音源つくりながらちっこいライブハウスで演りつづけてるとか、全部関係ない


、、、、って思ってる。



、、から、メジャーでもインディーでも、内輪ノリが嫌い。死ぬほど嫌い。
内輪ノリは、発表会だけでいい。学芸会でいい。文化祭でいい。




いいライブってなんやろ、、、

そんなことを今日ずっと考えた。


音楽的好み、好き嫌いは、ヒトそれぞれあると思う。ワタシもめちゃくちゃ好き嫌いある。それはしゃーない、ヒトの好みやもん。

でもライブの善し悪しってさ、音楽的好みとかは関係ない、、と思ってる。

ものすごぉーく体調悪くてしんどくてライブとか気分ちゃうわー、、、って時でも、音楽的には好みでなくともいいライブに遭遇したら、その瞬間、しんどいとか全部フッッ飛ぶ。
逆に、アルコールも入ってすんごいノリノリやのに、音楽的にはすんごい好きでもイケてないライブに遭遇すると、とたんに酔いも醒めてドン引きになる。



なあ。いいライブってなんやろ?


ワタシな、バンドマンちゃうし、ミュージシャンちゃうから、ライブ観た時、あっこの演奏がどうでとか、あん時どうとか、明確に言われへん。ちょっと前の日記にも書いたけど、、、、ほんま"感覚"でしかないねん。

バンドマンがな、友達のバンドとか、知り合いのバンドとかがあんまいいライブせんかった時によく言うねんな、「しゃーないなあ」とか「こんな時もあるよな」とか、、、
やっぱ同じバンドマンとして、あかん時の気持ちがわかるから、そういう擁護的なコトバがでるんかなあ?

でもワタシ、バンドマンちゃうし、ミュージシャンちゃうから、そんな"こんな時もあるよね"的なこと言われへんし思われへんねん。
だってお金払って時間割いて観にいってるねんもん。

プレッシャー?

だからなに?????????

ワタシかって撮る時は、いっっっっつも脳天ブチ抜かれるくらいプレッシャーやわ。誰に頼まれてなくても、プレッシャーやわ。自分と戦ってるわ。
でもそんなん関係ないやん?関係ないねん。撮られてる方も観てる方も。








昔、あるバンドマンがワタシに言うてん。




りえぞうちゃんは一瞬一瞬の衝動を切り撮って、俺らは一瞬一瞬をつなげていくと。

お互いこれからもいいもん作ろう。




すごい感動してん。






ライブも、写真を撮るのも、セックスも、一緒なんちゃうかなあって思う。

ざっくりとしすぎか(笑)。





ひょんなことからライブを撮り始めて、、、というか撮ることしか出来なくてこうしてきてるけど、ワタシがライブを撮る、、、という作業の醍醐味は、ライブをしてるヒトと波長を重ね合わせていくことだ。
それがたまらなく楽しい。

でも、いつもがいつも、そうでもない。
波長を重ね合わせるというのは、とんでもなくむつかしい。しかもライブ。バンドだったら1人じゃなくて、数人居る。

バンド内でまず、おなじとこに向かって息を合わせて呼吸を合わせて波長を合わせてこそ、"いいライブ"なのだとしたら、それはそれでたぶんめちゃくちゃむつかしい。はず。
だってしょせん生きてる個々の人間がやることやから、その感覚をいっしょにしていくのはむつかしい。だからこそみんなスタジオに入ってたくさん練習してるんだろう。

ワタシの場合、さらにそこに合わせていかないといけない。

だから、撮っててほんとうに楽しい、気持ちいいライブなんて、なかなかない。



2年前の福岡でのFOUR THE MG

解散が決まってて、でもそれを誰にも隠したまま演った彼らのライブは、とてつもなくすごかった。このまま死んでもいいってほんとに思った。ヘタなセックスよりよっぽど気持ちよかった。




ここ最近のカッパマイナス。そう、それは2マン以降の彼ら。
東京もFandangoもHARD RAINもPIPE69も、全部。

特にPIPE69の時は、彼らの一瞬と、ワタシの一瞬が見事に重なる瞬間がいくつもあって、もうそれは瞬間レベルを遥かに越えて、40分という時のなかでワタシは気持ちよく泳ぐことができた。
別のバンドで、あまりにもかっこよくて撮りながら泣いたことはあるけれど、たぶん、、、楽しくて気持ちよくて泣きそうになったのは初めてかもしれない。

あの感覚、、、

いつものごとくうまく言えないけど、、、

自分の一瞬、瞬間と波長と、相手の一瞬、瞬間と波長、が見事に重なり合うときの気持ちよさは、きっと誰にもわからないんやろうなあ。
それはきっと、セックスの、それ、に近いよ。きっと。


だから正直もう他の誰も撮りたくなくなるくらい、あの日の、重なった瞬間の快感はすごかった。








ライブ(スタジオ練習とかでなく)は、観にくるヒトがいてこそだから、バンドだけでは完成しない。

写真は、撮るために撮る相手(ワタシにとってはバンド)が要るから、写真だけでは完成しない。

セックスは、当たり前だけど、1人では完成しない。最低もう1人相手がいる。



そして、それぞれにそれぞれが相手(1人だろうか複数だろうか)と空気と空間と波長を合わせてこそ、気持ちいい。

やっぱいっしょやなあ。

ライブをすることも、写真を撮ることも、セックスすることも、みんな一緒や。










今日は、、、楽しくなかった。もしかしたら、、苦痛だった。

それは彼らだけのせいではない。ワタシだってぼろぼろだった。でも彼らもぼろぼろだった。見事に。


ワタシは一瞬の衝動を切り撮れなかったし、彼らは一瞬の衝動を繋げることができなかった。。。


しゃーないなあ  とか、 こういう日もあるよなあ  とか、ワタシは言わへんで。

こんなワタシじゃアカンって思う。そんな自分にくやしい。


そしてそれが一ヶ月以上も空くのか、、、、、と思うと、なおさらくやしい。



うごー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!











いいライブってなんやろ?




とりあえずわかったこと。
いいライブってなんやろ?ってライブ中に考えるようなライブじゃあ、すでにアカンってこと!

ホームもアウェイも関係ない!


Comment

非公開コメント