プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

9/27(日) カツオがマスオになる前に 四国ツアー 徳島編 最終日その2

9/27(日) DISCAPHORICS、ハヌマーン、カッパマイナスとまわる
『 カツオがマスオになる前に 』四国ツアー 徳島編 最終日その2


もう箇条書きの範囲をはるかに越えてます!すまん!

覚悟して読め!


つづき



 ・ 本番はFHOG ⇒ ハヌマーン と続く。FHOGではてっぺいが着てるのと同じFHOG・Tシャツでおそろい。そりゃチカラくんにワタシとてっぺいが付き合ってると思われてても仕方ないか(笑)。付き合ってません断じて!FHOGにはいったてっぺいはおそろしくかっこいい。
090927-22.jpg
この日のFHOG、みんな気合入ってたなあ~。ボブもすごかった。しかしあんだけFHOGではしゃべるな!と言ったのにしゃべったてっぺい。ああ今までのかっこよさ台無し!(笑) あいつまたおもしろくないMCしてたでってシムとヤスイくんに報告じゃー!

 ・ FHOGが終わって急いで撮影用のTシャツに着替える。ハヌマーンを撮るわけじゃないけど、この日のえりっさも全く同じpara-diceTシャツでライブをするからだ。示し合わしてたわけじゃなく偶然。すごいね。つかFHOGでFHOG・Tシャツ着てメンバーとお揃いで、ハヌマーンでもメンバーとまた違うTシャツでお揃いって、ハタからみたらワタシへんやろな(笑)

 ・ ハヌマーン、一曲目がまさかのトラベルプランナー!!!セットリストを考えてる時、半分冗談で「じゃあ一曲目トラベルプランナーな!」なんて言ったけど、まさかほんまにこれ一曲目にもってくるなんて。きっとハヌマーンには相当冒険だったはず。そのまま続けて猿の学生。この流れめっちゃいいやん!この日のハヌマーンはめっっちゃよかった。気合いもハンパない。この三日間の集大成を全力で見せようとしてる。えりっさがベースを持ち上げて客席に向けた。かっこいい。ワタシのポージングとはえらい違いだ(当たり前)。りょうちゃんがバスドラの上に飛び乗る。
090927-32.jpg
ピクミン、ドラムかっこいいよ!みんな親指の爪(ピクミンは右腕)、見てくれたんかなあ。この三日間の中でこの日が一番かっこよかった。ほんとうに。かっこよくて泣きそうになった(終わってからちょっと泣いた、笑)。
090927-33.jpg


 ・ こんなんされたらカッパ、、、演りにくいやろなあ、、とぼんやり思う。そんなことを真剣に心配してしまうくらいハヌマーンが素晴らしかったのだ。いいライブ演ったよね、なんて簡単に済まされる類じゃない。思った以上に気合いれんとなあ。それはワタシも同様。

 ・ ディスカ やっぱり彼らもとばすとばす。テンションあがりまくり。あがらされまくり。最後までちゃんと観たかったけど、カッパの前だったので苦渋の決断で途中で外に出た。ほんと全部観たかったんやけど、、、全部観てからそのままカッパにいけないこともないんやけど、やっぱりワタシには撮影前に集中したりする時間ってのがどーーーしても要る。要るのだ。

 ・ 外に出て念入りに柔軟。雨も止んだみたい。まったく思うように動けず撮れなかった昨日のことを思うと気が遠くなりそうだ。今日で四国ツアーも終わりなのに。そんな気持ちに飲まれないように集中させる。駐車場の向こう側、同じく気持ちを集中させてるんであろうカッパ達の姿を見かける。きっとものすごく緊張してるんやろうなってのは遠くてもわかる。それを見てさらに緊張する。出発前に読んだ安井くんの日記を思い出す。右手親指の爪にえりっさに書いてもらった文字を見た。三日間のことを思い出す。やろう。やらんと。


 ・ カッパ本番。多感な時期を徳島で過ごしただけあって、たくさんの友達も観にきてくれてたみたいでいつもと違う盛り上がり。出音も立ち居振舞いも何もかもが緊張と気合いでおかしなことになってることに気付く。これ、、、ライブにうまく作用するときとしないときがあるんよね。うわあ、、すんごい気合いやけど緊張してんなあ、、、と思いながら、ワタシはワタシで今までのバンドの本番のステージを観ていて感じていた照明の嫌な感じをモロに体感。徳島編その1にカッパのリハの写真あるでしょ?あんな感じで上手下手の後方端っこの照明が、恐ろしいほど発光して何も見えなくなるのだ。ああもうやっぱり、、、と思いつつ見えることまで動く探す。昨日と違うのはまだ少ないながらもまだ前からの照明があるということ。少しタイミングさえまてば見える。でもどうも曲のいいタイミングとズレていて焦るしいらっとする。そんな時フと親指の爪を見た。えりっさに書いてもらった文字。いらいらして見失いそうな気持ちが少し落ち着いた。そう、あの日緊張で倒れそうなくらい、震えるくらい緊張していたあの日の夜に、フと見上げた月を見て落ち着いたような、あの時に似てる。

 ・ 終わってから外に飛び出してスーパーでビィルを買って呑む。500mlにした。うまく撮れたとも思えないけど、やるだけのことはやった。三日間終わった・・・。またなんか泣けてきた。ああ来てよかったなあって思えた。

 ・ 戻ってから外でえりっさと話を。この三日間で初めて真面目な話。そもそもふたりっきりになることがなかったもんねえ。誰にも話してなかったことを話す。トップシークレット級。

 ・ 土日祝は高速代1000円を有効に活用すべく、日曜のこの日の12時までに徳島を出て高速乗って帰阪

のはずだった。

しかしハヌマーンと、このままバタバタ急いで帰るなんて嫌だよねえ、、としんみり話す。なんとかならないんかなあ。できるなら打ち上げにいきたいけど、せめてご飯くらい行きたいよね。こんなに濃くて有意義な三日間を過ごしてて最後の最後に慌ててサヨナラなんてあんまりだ。カッパは朝から仕事のひとがいるけど、ハヌマーンは三人とも明日も休みとのこと。もうどうせならゆっくりして明日香川でうどん食べて帰ろうかー!とまで話がすすむ。ワタシも挨拶もそこそこバタバタ帰るくらいなら、多少お金がかかってもそっちの方がいいなあ、ハヌマーンに便乗しようかなあ、、と思う。よーしカッパに聞いてくるわー!とカッパの元へ。ノリとライカしかいなかったけど、ハヌマーンとの会話を話す。
このまま慌てて高速飛び乗ってサヨナラなんてあんまりだぜ!1000円がなんだい!ご飯くらい食べてこーぜ!なんなら打ちあがっちゃおうぜ!
ってハヌマーンと言ってるんだけどカッパはどうするよ?どうするったらどうするよ!?
要約するとこんな内容のことを。すると速攻ライカが「行きます!!!」と決断。ノリも賛成。リーダー達郎の意見を聞くまでもなく即決したライカが素晴らしくかっこよかった。後からきた達郎にも見事に「行きます!!!」の一点張りやったし(笑)。ってなわけで打ち上げ決定。わーい!

 ・ ディスカは帰るというので、しばし撮影タイム。
最後はみんなで
090927-38.jpg
ここでディスカとはお別れ。ああものすごく寂しい。一人一人と固く握手していく。またね。ありがとう。

 ・ HAMKが打ち上げを仕切ってくれた。ありがとうね。しかし大阪勢を目の前にして打ち上げ会場は串かつ屋さんやった。徳島でまさか串かつ屋さんに入るとは(笑)。

 ・ そして達郎の音頭でかんぱーい!
090927-45.jpg

 ・ kanoの元のバンド名がGIRLNEXTDOORだと知る!わ!ごめんDICEで会ってた!!しかもバンド名について話してるし!ほんと顔を覚えられないワタシ・・・。みんな気さくでいい人たちだ。

 ・ 盛り上がる大阪勢。だって最後なんだもん。ライカは一滴も呑んでないのに、すさまじいテンション。ノリは顔、、どころか全身真っ赤っか。
HAMKの石橋凌のモノマネが異常に盛り上がる。
これだ
090927-50.jpg
似てる・・・。

そしてライカ定番のリカコ 今回の旅で何回見ただろう(笑)
090927-48.jpg

じゃれる二人
090927-46.jpg
非常に楽しげ

じゃれる二人
090927-47.jpg
まるでコグマの兄弟のようなじゃれあい

じゃれる二人
090927-54.jpg
あらなんかさわやか

じゃれる二人
IMG_6807.jpg
襲われる寸前やんけ!りょうちゃん顔コワイよ(笑)

じゃれる三人
090927-52.jpg
この兄弟の楽しげな顔ったら。つか何してたん?(笑)


 ・ あのう、、、ほんでやってもたんです、、ワタシ。。。知るひとぞ知るSUCK THE 2007のアレ・・・。
泣いてもた!わーーーんん!って泣いてもた!!(笑) しかもノリヒトの胸で!(笑)
えー!

けっこう呑んでたし酔ってたけど、ちゃんと覚えてます。ハ~
なんかすんごい楽しくて楽しくて楽しくて楽しくて、とにかく楽しくて、この打ち上げの時もすんごい楽しかったけど、それってやっぱりこの三日間が楽しかったからこそで。
あの時にやっぱり似てるんだけど、やっぱりすごく安心したんやろうね。行く前にずっと感じてた怖さとか、一日目に全てを見極めたときのあの感じとか、二日目の帰りたいくらいの苦い想いとか、三日目のFHOGも含めてみんなが同じひとつのとこに向かっていく感じとか。
とにかく楽しい分、怖かった分安心したらめっちゃ泣けてきてしまって泣いてもた。ああ打ち上げなのにすまん。そしたらノリがあははと笑いながら「どしたんや~」ときてくれたので、もっと泣いてもた。ほんまにわーーーんん!って。あー最悪。恥ずかしすぎる。まさかまたやるとはおもわんかった。しかもノリって!!!(笑)
ほんますんません。きもいオレでごめんなさいでした。

悲しいんじゃありません。嬉しかったのです。楽しくて嬉しくて、ただただ安心しただけなのです。

しかし珍しくやさしいノリヒトでした。すまんかったね、ほんま。


 ・ 2時お開き。ぶっ倒れて眠るノリヒトを囲んで記念撮影。
090927-60.jpg

 ・ 帰りましょうか。帰りたくないけど。
090927-61.jpg
これ、わーみんなおる~と思って撮ったのに、よく見たらノリヒトがいない(笑)。


 ・ 帰りは鉄兵も連れて大阪へ。とりあえずいったん淡路島のSAへ向かうことに。ワタシは最後の道中を楽しもうとハヌマーン号へ。最後の最後で初めてのハヌマーン号乗車。

 ・ わー!カッパ号と違ってなんて広い車内!!足がのびのび伸ばせる!えりっさに、このピクミンのかばんをここに置いて肘掛に使うんです~と聞いて、へ~ほんとだラクチンだねえ、、なんて言ってから、そのままぱったり倒れたワタシ。気付いたらSAに着いて減速してるところだった。あ、あれ?観覧車、、、ってことはもう淡路島?あれ?全然ハヌマーン号でしゃべってない!!!

 ・ 運転&起きてる組。あれ食べてたん明石焼みたいなやつやったんかな?みんな「食べます?」って言うてくれてたけど、とてもじゃないけど食べれなかった・・。今見るとおいしそうやな・・・(笑)
090927-65.jpg
運転できなくてごめんね(免許もってない)。ありがとう。

 ・ ここでお別れかと思いきや(ほんとはここでお別れだった)、えりっさを尼崎まで下ろすまで行こうということに!眠るのはもうもったいないし、だいぶスッキリしたので起きてハヌマーン号を満喫。ワタシと入れ替わるようにりょうちゃんは寝てたけど(笑)。

 ・ 流れる夜景を見ながらしんみり。ああ楽しかったなあ。。でももう終わりやなあ。えりっさが、道間違えたらいいのに。もっと一緒に居たい。と一人ぶつぶつ言ってたんがおもしろかった。ほんまや。このままドライブでもいいよね(笑)まだ一緒に居たいよね。

 ・ 尼崎到着。ここでえりっさは降りて、ハヌマーンともここでお別れ。このツアーの本当の終わり。
ということでもちろん記念撮影。
090927-66.jpg
そして最後はやっぱりワタシも入りたいよう!ということでセルフで撮影。
自分が入ってるってのもあるけど、この写真が一番好き。この空気感とか。
特に女子二人がイケてるね!(笑)
090927-67.jpg





はあ~、、、、終わったなんとか書けた。これでこの旅のお話は終わりです。


最初カッパから、ディスカからハヌマーンと一緒に四国ツアーに誘われて決まったって聞いた時は、正直どうなるか想像もつかなかった。たぶんみんなそうやったんちゃうかな。それくらいカッパとハヌマーンは知り合いで何度も対バンはしてても、特別仲良しでもお友達でもなかった。
ワタシもDISCAPHORICSやハヌマーンがすごく好きなバンドでもなかった。でもまあきっと、三日間も一緒におったらなんだかんだと結局楽しくなるんやろうなとは思ってたけど。

でも想像以上やった。


なんであんなに楽しかったんだろうね。


今までいろんなバンドのツアーとかに同行してきて、どれも楽しくて思い出深いものばかりやけど、今回ほど自分の中で特別な感じになったんは初めてかも。
とにかく一日一日が濃かった。とんでもなく濃かった。

一日ごとにDISCAPHORICSもハヌマーンも好きになってく。大好きになってく。この感覚。

DISCAPHORICSが話を振ってくれんかったらこんなとんでもないツアーはあり得なかったやろうな。ありがとうって、カッパに付いてってるワタシがいうのもヘンやど、ありがとう。チカラくんの話も、ディスカのライブがすべてを語ってた。あれはすごい。

ハヌマーン まさかこんなに仲良くなれるなんて思わなかった。旅の記録が、日を追うごとにハヌマーンとの出来事が多くなってるのがいい証拠。そしてまさかこんなに音源を聴きまくるようになるとは。帰ってきてからずっと聴いてる。最終日・徳島でのライブのベストアクトはワタシの中では間違いなくハヌマーン。また会いにいく。必ず。

ほんでカッパマイナス
いつも同行させてくれてほんとにありがとう。運転もできないただ写真撮ってるだけやのにありがとう。そもそも同行させてくれなかったら、こんな特別な日々も体験できなかったことやから。
どうしたら近づけるんやろう?っていつも思って思いつづけて3年間撮り続けてきたけれど、時々思うねん。ちょっとは近づけてるんやろか?
たぶんちょうど一年前にも言うたと思うけど、ワタシはカッパマイナスが好きです。ものすごく。知ってると思うけど(笑)。
最大限の敬意と最高級の愛を込めて、もう少し撮りつづけさせてください。



この三日間で何を手放して何を得てくるんだろう、、と思ってた。
何かを決めることになるかもしれないって思ってた。

小さくて重いものを手放して、たくさんの大事なものを得てきました。抱えきれないほど。たまにこぼしてしまうかもしれない。そしたらまたこの記録をみてこぼれ落とした分を拾っていこうと思います。その為の記録。



こんなバカみたいに長いのを最後まで読んでくれた方、ほんとにほんとにありがとう。
オレ全部読んだぜ!ワタシ全部読んだぜ!って自己申告してくれたら、力いっぱい抱きしめたいと思います。カモン。






                             完

Comment

非公開コメント