プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

一年365日後

あれからちょうど一年経った。
昨日、そのことに気づいた。


ちょうど一年前の七夕の日、ワタシは泣いてた。
安井くん曰く、漫画のように泣いてた。(はたから見ても、たぶんすごい泣いてたんでしょう)


当時、大切だった人たちのいろんなことを抱えて、求められて。
ここまで求められていいのか!?と不安になるくらい。


だからそれは、哀しい涙ではなく、幸せなことに嬉しい涙だった。






それからいろんなことがあった。
すぐにあった。



自分が信じてきたものが、実はがらくただったんではないかと、そう思うと、胸が張り裂けそうになった。



それでもなお、結局ワタシはまだ、信じていた。
ただ、がむしゃらに "信じる" だけではない。
それは、あの日々で確実に確かに得ていた目に見えないモノの結晶。カケラ。




いろんなことがあって。
いろんなことがありすぎて。


丸々一年経っていたことすらも気づかないくらい、いろいろあって。


昨日7月7日、一年前にいたライブハウスとはまた別のライブハウスで、ワタシは写真を撮ることなくライブを観ていた。
一年前には想像もしなかったひとの、ライブを観にいっていた。







人生はまるで、TVのクイズ番組でやってる間違いさがしの絵のようだ。
ゆるやかに変わる景色。それはまるで変化してないかのよう。
でも実は確実に必ずどこか変化している。


こんな変化なら哀しいね。


間違い探しの絵の中の未来。
なかったことにされていく元の絵、それは過去。



来年7月7日、一年後365日後、ワタシはどこのライブハウスに居るだろう?
誰のライブを観ているだろう?撮ってる?

それともライブには行かずに家にいる?
音楽に写真に興味がなくなって、誰かと笑いあってる?




また誰かを信じて、いるかな。

せめてそうでありたい。






Comment

非公開コメント