プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の木

今日は、いつもよりちょいと早めに起きて(いつも昼過ぎまで寝てるから、笑)11時半に家を出てチャリで梅田に向かう。

この2月まで13年間働いた職場に、ロッカーの清算とお礼と挨拶を兼ねて行くため。

ずっとこの3年ずっと通った道を、久しぶりに通る。

梅田にさしかかったところで、スカイビルまでスコーーンッと抜けて見える原っぱがある。たぶんJRの土地で、今後いろいろ開発の予定されているところ。
この原っぱはずいぶん前(3年以上前)は駐車場になっていて、そのころから桜の木と、その傍らに野良犬がいつもいて、その景色を見て通るのがすごく好きだった。
でも土地開発とかいう名目で、3年前くらいから駐車場を取り壊して更地にしていて、野良犬もどこかに行ってしまったんだけど(哀)、桜の木だけはずぅっとおんなじ場所に残しておいてくれていた。

ずっと向こうのスカイビルまで広がるだだっ広い原っぱのなかにぽつーんと桜の木があったのだ。

そう、それは一本だけ。

それはいくつかの春がくるたび、満開の桜の花を咲かせ、その花びらを撒き散らしていた。

春だけでなく、夏、秋、冬、、、と、季節ごとに、その木たった一人(あえて一人といいます)でくるくる変えていく様を毎日見ながら通りすぎるのが日課で、とても好きな風景でもあった。

何度も周りの土地が耕されて何かができそうになるたび、その木が抜かれてしまうのでないかとハラハラしていたが、いつもその木は無事だった。

そしてこの2月に職をなくし、その道を通ることも、その景色を愛でることもなくなってしまって早一ヶ月、やっとその道を通る機会があって、あの桜の木はあるだろうかとちょっとどきどきしていた。
もうすぐその道、原っぱに差し掛かったところで、またその原っぱがなにか工事を始めたことに気付く。

"でもきっとあの桜の木は大丈夫"そう思った。

いつものように、スカイビルを遠くに見た。

広い広い原っぱ。

スカイビルのもっともっともっと手前、

いつものあの場所に桜の木、、、、、、、、、、




え、、、、、?



ない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





ない。

ないない。

ないないない!!!!!!


いつものあの場所に、たった一人で立ちすくんでいた桜の木が、ない!!!!



「ぎゃー!!!」思わず叫ぶ。


どんな時でも、いつも居たのに!!!!!


遂にこの日がきてしまった!!!!!!!!!



例えようもないくらいのショックを受けながらも、通りすぎながらもどこかで必死で探した。








そしたら、、

あった。。。。。




場所が変わったのだ。


勝手に桜の木が移動するわけでも、ワタシの記憶違いでもなく、


桜の木の場所が変わっていた。


工事の邪魔にならない場所に。



邪魔にならない場所に、ちゃんと動かしたんだ。。。。。。。。




昔、吹田に住んでたころ、土地開発の為に邪魔になるからといって桜並木の木を全部抜いてしまったときは、人類なんて滅びればいい!!!って真剣に思ったけれど、


こうして、

ちゃんと残して、

邪魔になってもちゃぁんと植え替えて移動させてる人達がいて、

そんな人達がいるこんな世の中もまんざらじゃないなと、ちょっと泣きそうに嬉しかった。




満開になるころ、また見に行こう。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。