FC2ブログ
プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

25日 26日

25日 ⇒

スバラシイ企画 『 スバラシイオンガク一乃巻 』 @扇町 DICE

DICE楽屋に貼ってある俳句きっかけで知り合った彼ら。
受付にいるときに、俳句詠み本人である寛人くんに、ワタシ専用の句を詠んでもらって有頂天になり、先月ライブを観に行ったら、いい意味で想像を裏切られる音楽。そんなわけで、彼ら初自主企画イベントにも行ってきた。

いい夜だった。

打ち上げはやめとくはずだったのに(だからこそコンビニでビィル買って飲んでた、笑)、結局行くことになり、日付けも変わって対バンが次々と帰っていくなか、残ったのはスバラシイとほんじょうくんとワタシ。おもろい(笑)。

スバラシイは、たぶんワタシが今年出逢ったバンドの中で、ほんとに上質のPOPSを演るバンドだと思う。
ツインギターツインボーカルと、ベースとドラム。
(ちなみに句を詠むのはベース)

巷に溢れ返る似たり寄ったりのギターロックバンドだったりギターポップバンドが多いなか、きちんとPOPSと演ってるような気がする。
POPSをきちんと演るのはイチバンむつかしいことだと、ワタシは思ってるから、だから彼らは若いのにすごいなあって思う。

そして、びっくりするくらい真面目でいいやつら(笑)。

大好き。



26日 ⇒

スクリプトニク @ 扇町DICE

まだ彼らのライブを観初めて、今回で4回目。
だけど、ライブが始まってすぐに感じたのは、"違う!"

もちろんイイ意味で。ものすごくイイ意味で。めちゃくちゃイイ意味で。

前回ジャカとの対バンで見事なライブをやり遂げたのは、あの『女房を質に...』のイベントの特質上と、オーバーサーティな百戦錬磨のおっさんバンド達のトップをぶっちぎって演らなければならない!!という気迫と強い精神力で乗り切ったと言い切っても、間違いではないだろうし、とても意地悪ないい方をあえてしたら、あの日あの中であれだけのことを演るのは、当たり前だったりもする。

注※でもそれはジャカにも他の対バンにもいえたことで、あの中でやった彼らのライブはもうそりゃすごかったし、めちゃくちゃよかった。それは、当たり前、なんてコトバじゃ片付けられないくらいに!だから誤解しないでね。


この日は、通常ブッキングの日で、あの11/4の後でどんなライブをするんだろう、、と思っていたら、、、

やられた。


ええええ、やられましたとも。


最初にギターの音聴いた瞬間に思わず立ち上がり、曲が始まってしばらくしたら、一番前まで行ってた。

三人が三人とも、高い位置での同じモチベーションを持ち、それをライブに活かされていて、とにかく今までとは違ってた。
それは、音にもライブにも空気にも、出てた。

こうなってくると、バンドは強いやろうね。
今後もますます楽しみ。

来年東京サックまでに(出演決定組)、もっともっと上に行って欲しい。
今に満足せずにもっっとね(鬼ですか?笑)。


通常ブッキングがなんだい!
こういう日は打ち上げなんじゃい!

と、スクリプトニクと、対バンThe Spring Summer とPA瀧井さんとほんじょうくんとで。


その後楽屋に移動して、やっぱり朝を迎えた(笑)。

大好きやで!また呑もな~!!





この二日間、調子いい時に比べたらそんな量も飲んでないのに、しんどい...
でも迎え酒を飲むと俄然テンションが復活するのは、あんまりよくないんじゃないかなあと、うすうす気付いてはいる(笑)。

ジャカライブ@30日京都二条nanoまでは呑む機会ないので、おとなしくしとこう。。。(そっから数日また大変やけど、笑)




写真は、

25日スバラシイのステージ後。句が素敵。

26日スクリプトニク 携帯ながらけっこうちゃんと撮れたのが嬉しい

26日打ち上げ後の楽屋にて(笑)


06-11-25_23-13.jpg


06-11-26_21-10.jpg


06-11-27_03-36.jpg

Comment

非公開コメント