プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fandangoには魔物が棲んでいる

22日


スクリプトニク @ Fandango


Fandango には魔物が棲んでいる。

ワタシ、そう思う。

行く回数こそ減ったけれど、Fandangoは大阪一のライブハウスだと思ってる。


バナナホールほど広くもなく、HARDRAINほど狭くもなく、立ってライブを観るにしても、座って楽しむにしても、どちらでもいけるハコ。
ステージ上の壁には、無数の落書き。アート、、と言ってもいいかもしれない。
観てる人を突き放すほど高くもなく、かといって全く同じ目線になるほど低くもなく、後ろにもそこそこ目が届く高さのステージ。
ステージ上は適度に暴れることも可能な広さ。
しかしある意味、ステージング、、という意味では、動き回ろうが突っ立ったまんまだろうがどちらであろうとも、あそこに立つものはアーティストとしての個性やセンスを一番試される場所かもしれない。
後ろからも前からも、明るすぎない適度な照明。もちろん暗くはなく客席からも見やすい光量。


Fandangoは、、、

中途半端な意気込みだけでは、簡単に潰されてしまう場所かもしれない。
一瞬の "隙間" を魔物が襲う。
観てるヒト達のまん前で、魔物が襲う。


それは、どんだけ経験を積んだバンドであろうと関係ない。

でも、自分のもってるモノを100%以上出せたとき、魔物は女神に変わる。


それはきっと、100%じゃだめなんだろうね。


観に行ったり、ライブを撮りに行くには最高のハコだけれども、あのステージに立つものにとっては、生半可な気持ちじゃあすぐに魔物に食べられちゃう。ぱっくりと。


でも逆に、女神も、いる。絶対にいる。


それはどこのライブハウスでも変わらないことなんだろうけど、ことさらFandangoってところは、そういうところが試される場所のような気がする。

むつかしいね。




スクリプトニク

誤解を恐れずというと、ワタシは彼らがかわいくて仕方ない。

ひと回りも年の離れた彼ら。もともと打ち上げで知り合ったのがきっかけでそれからライブを観た。
撮りたい!と思わせるほどのものはなかったけれど、何かがワタシの中に響いた。可能性、、?わからない。うまく言えない。若さからくる未来への可能性というなら、そうなのかもしれない。

機会があればライブを観に行く。写真は撮らない。
写真を撮らないから、いいライブではないってことじゃないよ。
彼らの何かに触れたくて、ライブに行く。

彼らのライブの後でも、別の打ち上げでも一緒になってよく呑む。


かわいい。ひと回りも下の彼らがかわいくて仕方ない。
兄弟的なかわいさ、、というよりも、どちらかというと、甥っ子的なかわいさ。

ワタシは、知り合いだから、、とか、友達だから、、とかの理由でライブには行かない。
そんな暇もお金もない。
自分が好きなライブにしか行かない。観たいやつしかいかない。

どちらかというと、飲み友達的な感じが強いけど、そんな理由だけではライブに行かない。


それはワタシにとっても、ライブ空間は神聖な場所だから。


ステージを降りたら、飲み友達で全然かまわない。
打ち上げであろうとなかろうと、彼らと呑んでるのは楽しい。

でも、どんだけ呑んでて一緒に居てて楽しくても、ひと回りも年下でも、ひとたびステージに上がったら、彼らはもうワタシの敬愛するアーティストの一人なんだもん。


ワタシは、ほんじょうくんやシムみたいに、若手のバンドマン(若手じゃなくても)を育てるようなことはしない。
つか、できない。

あーした方がいい、こーした方がいい、、あそこがああでこうで、etc,etc,,,

知るかいな。めんどくさい、そんなこと。


あくまでも、いつでもワタシはステージの下で観てる客。


いいか悪いか。響くか響かないか。

いい音楽いいライブ、それに伴う現実の中の夢の世界。それを感じたいだけ。

好きなようにしたらいいねん。自分たちの信じたとおりに。


だってそれを信じて、観にいってるんやから。



以前、一番最初にさとしが言った。

りえぞうさんにいつか写真撮ってもらえるようになる


と。

てっぺいちゃんも、

いつか撮ってもらえるようになります!

と言った。


こないだはライカくんがまったく同じことを言った。

三人が別々の時に、同じことをワタシに言った。


こんだけ一緒に呑んでても「撮ってくださいよ~」とは言われたことがない。

いろんなバンドにはよく言われるけどね。


彼らのこの発言は、ものすんごく、嬉しかった。



でも今はまだ撮らないよ。

自分たちもよくわかってるんやろうな。


いつか撮るかもしれない。

いつまでも撮らないかもしれない。

でも撮らないからっていいライブじゃないんだって思わないで。

関係ないから。


でも、、、

いつか撮ることになったら、最高にかっこいい写真撮るから。絶対。


逆にワタシがぱったりライブに来なくなったら、それはそういうことやからね(笑)。


07-02-22_21-10.jpg

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。