プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々の羅列、、、1 (12/21~12/23)


12月21日 ⇒

カッパマイナス 、FHOG @ DICE
She Border Picture 、 monohoxon @ HARD RAIN


前日に急遽決まったFHOGのアーティスト写真撮影のために、機材を持って出勤。17時に仕事が終わってからチャリを爆走させてDICEへ。急ながらも、なかなか思うように撮れたのではないかと。
そのままDICEでFHOGの2曲目まで観る。それからHARD RAINへ。着いたらmonohoxonの真っ最中。すかさず一番前へ。すぐに松井くんが気づく。うんうん、間に合ったよ!
いつもDICEバイトの受付時に外で聴くばかりだったけれど、新生monohoxonのライブをやっと観ることができた。そしてそのライブはすごくよかった。音楽に対する"熱"みたいなものをひしひしと感じさせるライブ。
そのままHARD RAINに居てShe Border Pictureまで観る。といってもDICEとの時間の関係上2曲までしか観れなかった。ものすごくぞくぞくする始まり方をしてたのに最後まで観れなくて残念。
これまたチャリを爆走させてDICEへ。
着いたらちょうどトンボが終わったところ!やばい次はカッパだ!!機材を準備しといてよかった。慌てて着替えてステージ前へ。
一ヶ月ぶりのカッパのライブ。始まって2曲目くらいでその"異質な感じ"に気づく。なんかおかしい。何がって彼らのライブが。その空気感は、まるでまったくかみ合わない不協和音かのようだ。その空気に耐え切れなくなって撮るのをやめた。カッパでこんなことは初めて。よっぽどのことがない限り撮りだしたらやめることはないんだけど。
なかなかギターのチューニングが合わないとかは、そんなことはどうでもよかった。そんな問題じゃない。
他のバンドマンたちは「おもしろいものが見れた」と笑ってたけれど、ワタシには、おもしろいものが見れたなんてちっとも思えなかった。
単純に、ライブは最悪だった。
そしてそれはメンバー達自身もよくわかっているようだった。

打ち上げはDICEとHARD RAINの合同で。
そこで、monohoxon松井くんがワタシの話を聞いていてすべてを理解した瞬間、いきなりスイッチが入った。

ヘルメットがなかなか似合う自分を発見。

07-12-22_04-04.jpg








12月22日 ⇒

明け方、打ち上げ終わりに始発まであと少しだったので松屋で松井くんと朝ごはん。いろいろ話す。彼は2007年に出逢ったひとのなかでピカ一。松井くん大好きです。

始発で帰宅。即寝。

昼過ぎには起きて、DICEバイトへ。

ASYAKE 01 くんの待望のレコ発イベントの日。すぐに音源を購入。
ボーダーTを着ていったら、瀧井さんとオガサワラくんと見事に被って嬉しがって記念撮影。
瀧井さんとはユニクロの黒カーディガンまで丸かぶりで、春せせらぎ・こみち という漫才コンビに、オガサワラくんが混ざると 邪(よこしま)一家のできあがり。どちらもシム命名。
ナイス命名(笑)。




12月23日 ⇒

安井 淳 & 楽団レイニームーン @ 難波ROCKETS

nacell レコ発
安井くんは ハッカニブンノイチのやぶっちと一緒とのことで楽しみに向う。
が、電車でいくROCKETSは久々すぎて降りる駅を間違えてしまう。時間ぎりぎりで向っていたので、のんびりいってたら間に合わない!!駅に降りてすぐにダッッッシュ!!!!すべりこみでなんとか間に合った。。

やぶっちのクラリネットとヤスイくんの世界観がよく合っていた。ものすごくひさしぶりに見るやぶっちは痩せて男前になっていてびっくり。向こうも、髪がやたら伸びたワタシに最初気づかずに「・・・誰?」とか言われた(笑)。たぶん最後にあったときはまだショートやったからなあ(笑)。

久しぶりに観るリカさんに全身で圧倒される。すごい。
これまた久々のAkira and the Unheartbreakersもよかった。

なによりレコ発であるnacellがものすごくよかった。しょっぱなからガツーン!と飛ばしてものすごくかっこいい。十分に感じられる気合だけではなく、それに中身がちゃんと伴っていた。DICEでのレコ発の時はえらく落ちこんでいたけれど、これなら終わってからおいしいお酒が飲めるやろうな。

しかし、あまりにもしんどくなってきて、しばらく外で座っていたけど、結局最後まで観れずに帰ることに。残念。




Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。