プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

日々の羅列、、、5月某日

5月某日、某所にあるアートスペース的な場所であった某イベンター主催の集まりに、某バンドが急遽でるというので、行った。某ばっかやな・・(苦笑)。

約一ヵ月後のライブまで待てない気分だったし、直接話したいこともあったからちょうどよかった。
21時から始まるそのイベント(?みたいなもの)で、お目当てのバンドは、一発目だった。始まってすぐに、異質な空気に気づく。いつものライブの客席の空気じゃない。そう、某イベンター主催とあって、見に来てるひとはみないわゆる"業界人"のようなのだ。"業界人集めての飲み会"とは聞いてはいたけど、なんだこりゃ。"ライブを楽しむ"という前提ではなく、"ライブを品定めする"業界人独特の空気。
天井の高いフロアのソファ席にゆったりと座って能面のような顔で楽しくもなさそうにステージをみてるヒト達を、シバキたい衝動にかられる(本気)。
彼らのライブはソファに座って観るライブではない。少なくともワタシは。どういう趣旨で観ようと個人の勝手だけど、ソファになんか座ってこんなヒト達と混ざってるのがいやで、立って後ろで観た。
始まってギターが鳴り響いて、ワタシでもすぐにギターのチューニングがおそろしく狂ってることに気づいた。さすがに曲を続けられないくらい狂っていて、すぐに演奏を止めた。でも逆にこれのおかげで、業界人たちが醸し出していた重苦しい空気が、笑いも混ざって和やかに変わった。すごいなぁ。へたしたらさらにマイナスな空気になりかねないのに、逆に和んじゃったよ(笑)。
その和やかな空気を味方につけて、彼らはさらに勢いをつけてライブを突っ走った。最後の曲は彼らの代表曲ともいえる曲で、そこでなぜか泣きそうになる。

この日は、彼らを含むバンドが2組と、お笑いが1組、ダンスにDJにライブペイント、、と、各分野、披露された。ワタシはこの日、赤ワインを飲んでたので少し酔いも手伝ってか、お笑いのヒトのときに、大いにウケてしまう。ワタシ一人が。だって、えなりかずきのモノマネシリーズおもしろかってんもん。ああいうので笑えへんとこがまたむかつくねん。上品ぶりやがって(暴言)。
どこからか聞こえてくる話し声に耳を傾けていたら、どうやらこの日は某イベンターのプレゼンみたいなもの、、、らしい。あーあーあー、やっぱそういうことですか。業界人集めてプレゼンか。へー。ふーん。ほー。案の定、イベント終了後名刺交換会みたいになってた。はーん。

そのままその場所で呑みたいひとは呑めるようになっていて、某ドラマーからドリンクチケットをさらに二枚もらえたので、こうなりゃワイン・オンリーだぜ!と飲みつつ、展示即売しているいろんなアーティストのバッチやら小物やら購入。

業界人たちの相手も終わった某バンドのvo.&gtと話す。そこで、びっくりな話を訊く。そんな話があったんや!!!!とかなり驚く。そんな話になっていて、ここには居ない別のバンドの、とある人がそんな対応をしてくれたことに感動して、しすぎて胸がいっぱいになってうっかり泣いてしまった。
わーん!とじゃないよ。っっううう!とキてしまって、、、ポロっとね、ポロっと涙がこぼれちゃったのさ(笑)。ああ、今すぐ会いたいぜ!!このやろう!
でもすぐに、"あ、ここで泣いててはいけない!"と気をとりなおし、話のつづき。このヒトとちゃんと話すのはまだ2回目やけど、やっぱーまっすぐなヒトやなあ~とほとほと感心する。

ba.やdrとも話す。彼らはカッパもand Young...もどっちも好きで、8.16 * 2マンに来てくれるとのこと。嬉しいなあ。「いろんなバンドマンが、来てくれるってみんな言うてくれるねんけど、その日ライブ入ったら無理やんか~ライブが入らへんように祈ってるわ」と言ったら、「そんなんその日はライブは入れませんよ!」って言ってくれた!うをーーーー!!そんなこと言ってくれたバンドマン初めてやわぁ~~!!!(感動!)。もしかしたらバンドマンとしてはあかんことなんかもしれんけど、でもヒトとしては最高や!!実際、そのときにならなわからんやろうけど、でも今現在そう思ってそう言ってくれるだけでもめちゃくちゃ嬉しい!
ba.は特にand Young...が好きなようなので、昔の音源を焼いてあげることを約束。約束しただけなのに、すごく喜んでくれた(笑)。よかった。はりきって焼くぞー!(笑)

気がつけば3時。
イベンターや別の出演者、主だった業界人なんかも帰ってた。なんやねん、それ(呆)。
車で帰る彼らとお別れしてチャリで帰宅。





でも、ほんとは今すぐ会いたい。うおー!






Comment

非公開コメント