プロフィール

ライオン丸りえぞう

  • Author:ライオン丸りえぞう
  • ライオン丸りえぞうです。
    ライオンだけど、理恵象です。
    ガヲ。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ドレミFlash
リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨に濡れた紫陽花は風に揺れた(注*長文な上に暗いですw)

ワタシは実はすごく怖がり
心配性 とも兼ねてる


小さい時の悩みは 第三次世界大戦が起こったらどうしよう だった


幽霊がでたらどうしよう


口裂け女がでたらどうしよう


修学旅行で乗る大型フェリー、ずっと揺れてたらどうしよう


飛行機落ちたらどうしよう


遠足に乗るバスで乗り物酔いの薬が効かなくて酔ったらどうしよう





どうしようもないことで悩んだり怖がったりする
天変地異とか世界情勢とか幽霊とか、手のうち用ないものに










昨日の and Young...@ HARD RAIN 最高やった。

こないだ観たFandangoのライブがあんまりだった。ライブ録音してて、そういう意味でメンバー全員がソッチに(REC)に意識しすぎてるのもあったし、なによりドラムのりんこちゃんが調子悪そうで。ほんと辛そうやった。撮るのが申し訳なくなるくらいに、辛そうやった。
40分、いつもより長めに持ち時間があったというのに、有効に時間を使いきれてなかった。
8.16 * 2マンでは1時間かっつり演ってもらうのに、この時の40分という時間配分をどう使うか、すごく気になってたんだけど、ちょっとがっかりした。ライブのトータル的な流れは悪いし(録音を意識して曲間ごとに常にギターチューニング)、イイ意味での"ゆるい"ライブのそれとは、また違ってた。

ライブ録音、、はまだいい。だってあの名盤 『YOUNG at ONCE』がこうして録られたんなら、その毎回行われるギターチューニングもいい。

でも、りんこちゃんの調子がまた悪いんだったら、、、、、、、、、、、、、



どうしよう・・・・


そう思った。



今回の2マンを2年待った理由のひとつに、カッパのドラム脱退と、and Young...のりんこちゃんの体調不良、、というものだった。実際、半年ぐらいりんこちゃんはライブに参加できずに前任のドラムがヘルプで入ったりしてた。
そして、やっとりんこちゃんが復活してからも、やっぱりしばらくは、りんこちゃんの体調を考慮しての選曲の中でライブをやってたと思う。

いい意味で"ゆるい"and Young...のライブも、好きだし、かっこいい。
でも加納さんも村上くんも、それだけじゃないはず。だって、どこかでライブ中"キレる"瞬間を何度も観てきたもの。
"キレる"というより、何かの"枠"が外れる瞬間。
どこかで何かを考えながら演奏してたのが、対バンだったりお客さんの空気で、"外れる"時がある。そうなった時のand Young...はもう最高。最強。無敵。

こないだも、とあるヒトと話してたんだけど、今もうそんな加納さんや村上くんを観たヒトって少ないんやろうな、と。"ゆるさ"の中で醸し出すかっこよさのand Young...しか、観たことないひとは多いやろうなって話してた。

ああ、もし、、、もし、、またりんこちゃんの体調があんまりよくなかったらどうしよう。

そうなったらもう、こればっかりはどうしようもない。

ワタシが観たい"枠"からうっかり外れちゃった加納さんは観れない。みんなにも観てもらえない。
ふつうに"よかったねカッコよかったね"っていうライブは、この日は要らないのに。


そんな中、8.16*2マンのフライヤー(正規版)を作るのに、最近のand Young...の写真とカッパの写真を何点か見繕って取り込んで、シムに渡した。
アー写的な意味合いがあったから、メンバー全員が写ってるのを集めたものを3点づつくらいだったんだけど、見事にシムに駄目だしをくらった。

りえぞうらしくない と。

こんなこじんまりした写真なんか撮ってなかったやろうと。



ああもうほんま、まったくもってその通りです・・。


自分でもなんとなく気づいてた。
今、シムにも話したその理由を途中まで書きかけたけど、やめた。長い。

カッパの写真はくさるほどあるけど、and Young...は今年入ってから再開したから、あんまりない。
その中で、いいのって、、、やっぱり少ないんよね。
特にシムなんてワタシの写真のことはよーーーーくわかってくれてるし。
でも数だけの問題じゃなく、ワタシ中での意識の問題もあって。。


そんな中でのand Young...の撮影。


前日にはROCKETSでカッパマイナスだった。
ワタシの意識。初心に戻る、、、じゃないけど、でも結局そこしかない。

この日のHARD RAINは、NAAZIのイベントで、椅子が並べられてた。対バンも、ロック系じゃない。
そんな中でのand Young...

"ゆるい"感じになるんやろなぁ、、、と漠然と思ってたんやけど、、、

いや、、、もう、、なんか、、めっちゃよかった。

よかった、しか書かれへん。


何度聴いても最高HAKOBUNE や、久々に聴いた気がする restaurant や 新曲の紫陽花の曲や、最近だいすきなimage、、、

ワタシが観たかったand Young...が目の前にいた。
そしてワタシの中の意識改革と。

撮ってるバンドと自分の波長を重ねながら合わせながら撮れる時ほど最高に気持ちいいときはない。


ワタシ、何をあんなに怖がってたんやろう

そう思った。ものすごくそう思った。


そう思ったら、泣けてきた。

そしたらラストは YOAKENOMAE だった。涙は止まらない。



終わっていつものように外に出たら、雨が降ってた。そのまま走ってコンビニにいったはいいが、お財布を持ってきてなくて、雨をよけるためにバス亭の椅子に座ったら、そのままずっと泣いてしまった。もう止まらん。ちなみにこの日はこの時点でまだ一滴も飲んでない = 酔ってない。

久々に感じた、目の前のバンドの波長と自分の波長が見事に重なり合ったあの感覚の快感と、あと、、、安心、、したんやろうなあ。。。

ほんまに、ずっと泣いてて。


そしたら同じく雨の中ビィルを買いにきたであろうマツイくんが、何にも言わずにビィルを差し出してくれた。ちゃんとYEBISU(笑)。自分が手にしてるのはスーパードライやのに。乾杯したら何も言わずに戻ってった。いいヤツだ。そういや、なんかmonohoxonのフロントマン二人はよくビィルをごちそうしてくれるなあ、、、、。お金ないのは一緒やのに。ほんまありがとう。


今日、帰りに昨日のand Young...、おとついのカッパマイナスと、撮ったフィルムを現像にだしてきた。我ながら素早い。
and Young...の写真を早く見てみたい。そしてand Young...のも新たに取り込んでシムに渡さないとなー。ほんと時間ないなぁー。。

ちなみに、シムに、お正月休みにがんばって取り込みまくったカッパの6ライブ分のデータを渡したら、「これでいい(笑)」とメールがきた。
でしょ?(笑)よかった。





先週末から今週末にかけて、撮影はつづく。こんなほぼ毎日ペースも久々。依頼でもなんでもなく、みんな撮りたくてたまらないバンドばかりだ。
もともと昔からアタマの中の思考回路は全然器用じゃないんやけど、ここ最近特に器用じゃなくなってきたみたいで、アタマの切り替えが大変。ほんと大変。
先週はどっぷりカッパマイナスで、and Young...で、今もほんとはまだ抜けきらない。

抜けきらないし、切り替えも大変だけど、でもそんなんも楽しい。

だってどのバンドも撮りたくて撮りたくて、波長を重ね合わせたくてたまらないバンドばかりやもの。










わー
長いニッキ

ちゃんと読んでくれたひとありがとう。
相変わらず超個人的満開な内容でざぶくてごめん。

タイトルは、and Young...の最近よく演ってる新曲のサビの歌詞。この曲、最高なのだ。ふぅ。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。